DoraHacksが2000万ドルを調達、Web3スタートアッププラットフォームを支援~FTX VenturesとLiberty City Venturesの主導
   公開日 : 2022/05/20

DoraHacksが2000万ドルを調達、Web3スタートアッププラットフォームを支援~FTX VenturesとLiberty City Venturesの主導

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

世界的なハッカー集団であり、アクティブなWeb3開発インセンティブプラットフォームとしても知られるDoraHacksが、シリーズB1ラウンドで2,000万ドルの投資が行われた。

同ラウンドは、FTX VenturesとLiberty City Venturesの主導で、Circle Ventures、Gemini Frontier Fund、Sky 9 Capital、Crypto.com Capital、Amber Groupも参加した。

同社によると、今回の資金投入により、複数の最先端イニシアチブの立ち上げを加速させるという。

立ち上げ対象には、高度なガバナンス技術を利用した分散型助成コミュニティのDora Grant DAOや、フロンティアテクノロジーにおける革新的プロジェクトに対して資金を提供するパーマネントベンチャーファンドのDora Infinite Fundなどが含まれる。

DoraHacksは昨年、Binance Labs主導の800万ドルの戦略ラウンドを発表した。DoraHacksのDAO-as-a-ServiceインキュベーションであるDora Factoryは、2,000万ドルの調達に続く今回の追加資金の獲得により、過去18ヶ月間のDoraコアインフラストラクチャへの投資額は累計5,000万ドル近くに達した。

DoraHacksは、ハッカソンと助成金プログラムを通して、数々の世界最高峰のWeb3スタートアップをキュレーションしている。2,000を超えるスタートアップと開発チームが、DoraHacksプラットフォームから2,500万ドル相当の助成金を調達した。

Solana、Polygon、Avalancheに代表される40以上のWeb3エコシステムは、世界の開発者コミュニティにアクセスするため、DoraHacksを採用している。DoraHacksは、ハッカソンとコミュニティ助成プログラムのコアパートナーとして立ち回っている。

DoraHacksは、資金調達テクノロジーと分散型ガバナンスインフラストラクチャにおいて重要な研究を行ってきた。DoraHacksは、マルチチェーンコミュニティに二次投票と分散型助成プログラムを導入した後、ETHDenver 2022とOpenSeaハッカソンでMACI(ゼロ知識、共謀投票防止)の実装に成功した。

DoraHacksの創設者であるエリック・ザン(Eric Zhang)氏は「DoraHacksは、世界中のオープンソースコミュニティに最良のインフラストラクチャを提供しようと努めている。我々の使命は、永続的なハッカームーブメントを生み出すことだ。新しい戦略的パートナーが加わることで、フロンティアテックのスタートアップコミュニティにより貢献することができるようになるだろう」とコメントしている。

FTX Venturesのパートナー、アダム・ジン(Adam Jin)氏「マルチチェーンイノベーションの強化は、FTXの使命といえる。DoraHacksは今後もWeb3で重要な役割を果たすだろう。FTXはDoraチームと密接に協力してスタートアップ企業をサポートしていく」はコメントしている。

DoraHacksは、今年の初めにDora Grant DAOをローンチした。同社はすでに30あまりのパートナーから500万ドルを調達し、「ハッカソン後・投資前」の段階のプロジェクトへの助成金を増やしていく予定だ。さらに同社は、2022年にNFT dropを通じて、理想のベンチャーとしてDora Infinite Fundを設立する計画である。

Liberty City Venturesのパートナーで、PaxosとLukka(両社ともブロックチェーンのユニコーン)の共同創設者でもあるエミル・ウッズ(Emil Woods)氏「DoraHacksは、Web3のインフラストラクチャの開発を前進させる鍵となる。Liberty City Venturesは、現実のビジネスと伝統的な産業のためのブロックチェーンプロトコルとWeb3の将来を担うであろうグループに重点的に投資してきた。エコシステムが成長するにつれて、ポートフォリオ企業との関わりが増えることを期待している」はコメントしている。

2020年後半以降、DoraHacksは、DAO-as-a-Service Dora Factory、ZK infrastructure Zecrey、MOBA play-to-earn Thetan Arena、Web3 tooling infrastructure ETHSignなど、20のプロジェクトに立て続けに投資を行い、インキュベートしてきた。DoraHacksは、Binance Labsのインキュベーションプログラムの共同ホストも務める。

DoraHacksのパートナー兼ビジネスディレクター、スティーブ・ノック(Steve Ngok)氏「我々はDora Infinite Venturesをローンチすることに激しく興奮している。Web3、クォンタム、スペースなど、より多くのフロンティア技術のスタートアップに積極的に資金を提供していくつもりだ」はコメントしている

DoraHacksについて

DoraHacksは、世界的なハッカームーブメントであり、世界で最もアクティブなマルチチェーンWeb3開発者インセンティブプラットフォームである。DoraHacksコミュニティの2,000を超えるプロジェクトが、助成金やハッカソンの賞金として延べ2,150万ドル以上を獲得している。DoraHacks.ioには世界中に約25万人のアクティブユーザーがいる。

同プラットフォームは、ハッカソン、賞金、2次資金、プライバシー投票、その他のコミュニティーガバナンス/資金調達ツールキットを提供している。また、40以上の主要なWeb3エコシステムが、Doraインフラストラクチャを使用して、オープンソースコミュニティに資金を提供している。

メディア関係者様窓口:Steve Ngok, Partner at DoraHacks, [email protected] 

詳細はこちら:  Website  |  Twitter  |  Discord


Sponcerd Article

※本記事は企業が発信するプレスリリース記事となります。サービスのご利用、お問い合わせは直接ご提供元にご連絡ください。

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事