累積手数料約178億円 | dydxの2022年年次レポートが公開
   公開日 : 2023/01/31

累積手数料約178億円 | dydxの2022年年次レポートが公開

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

分散型デリバティブ取引所dydxの昨年の累積手数料が1.37億ドル(約178億円)にのぼることがわかりました。

dydxを支援するdydx財団(dydx Foundation)が公開した年次レポートによると、昨年2022年の累積取引量は4,663億ドル、アクティブトレーダー数は3.9万人で各期間の平均で4.2%増加したとしています。

dydxのプロトコルのガバナンスやユーザーサポートを行うdydx財団は、2022年に12人の正社員と7人のパート社員のチームに拡大。新たにCEOとしてMetaMaskやInfulaを手掛けるConsenSysからシャルル・ドーシー氏が参加したとしています。

昨年初頭に開始した同チームが手掛ける助成金プログラムでは、18ラウンドで280万ドルの資金が割り当てられ、残り資金は200万ドルに。

dydx財団が取り組み中のdydx DAOに関しては、今後、銀行口座と決済システムの構築やDAOコミュニケーションプラットフォームの確立と維持などがDAOで管理される可能性もあるとしています。

デリバティブ取引が可能な分散型取引所として注目を集めるdydxの$DYDXトークンでは、投資家や従業員向けのトークンのロック解除が2023年末まで延期されることが発表されています。

現在Starkware社が手掛けるStarkEx上で稼働するdydxは、ローンチ予定のV4でCosmosの開発フレームワークを活用し、独自チェーンを構築予定。

V4展開に関して、11月時点で5つのマイルストーンのうち2つ目まで完成し、現在は高度な注文タイプ(ポストオンリー、ストップリミット等)やダイナミックファンディングレートなどの高度な機能について取り組んでいるとしています。

記事ソース:(1)(2)

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事