Ethereumメインネットのインフラプロバイダーがダウン、取引所などにも影響が
   公開日 : 2020/11/11

Ethereumメインネットのインフラプロバイダーがダウン、取引所などにも影響が

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

Ethereumのメインネットにおけるインフラストラクチャーを提供しているInfuraに障害が発生し、システムがダウンしました。

これに伴い、Infuraを使用していたウォレットをはじめとするサービスが利用できなくなりました。

Infuraは今回の障害に関して、11月11日 08:12(UTC)に調査を開始、09:03(UTC)にシステムの復旧作業を続行していることを報告するとともに追加のオンラインキャパシティを追加しました。

09:47 (UTC)では根本となる原因を特定し、サービス機能を復元するための修正を準備中であると説明しています。

記事執筆現在、

  1. Mainnet HTTPS JSON-RPC API
  2. Mainnet WebSocket JSON-RPC API
  3. Mainnet Logs
  4. Mainnet Filters
  5. Mainnet Archive Data

において障害が発生しているようです。

また、Infuraを利用しているウォレットMetaMaskなどにも影響が出ています。

記事ソース:Infura

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事