イーサリアムウォレットMetaMaskがスワップ機能を公開
   公開日 : 2020/10/07

イーサリアムウォレットMetaMaskがスワップ機能を公開

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

イーサリアム用のウォレットアプリMetaMaskにて、スワップ機能が公開されました。これにより、ユーザーはウォレット内で簡単に暗号資産のスワップを行うことができるようになります。

MetaMaskの運営を行うConsenSysによると、ウォレット内で行われるスワップにて参照されるスワップレートはUniswap、KYBER、ParaSwap、1inc Exchange、Dex.agを参考にしており、Metamaskは注文額に応じて0.3%から0.875%の手数料を徴収する動きとなっています。

ウォレットはスワップレートに関して複数のDEXなどを参照するので、ユーザーは個別にDEXを検討することなく最適なレートでのスワップが可能になります。

現在、新たな機能はFireFoxのMetaMask拡張子で利用でき、順次他のMetaMaskサービスでも提供を開始する予定です。

MetaMaskは10月5日アクティブユーザーが100万人を突破したことを発表しています。

記事ソース:The Block

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事