FTX経営破綻の一件が映画化へ | 有名作家の書籍放映権をAppleが獲得か
   公開日 : 2022/11/23

FTX経営破綻の一件が映画化へ | 有名作家の書籍放映権をAppleが獲得か

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

AppleがFTXの経営破綻をテーマにした書籍のストリーミング権に関して、数億円で契約を結ぼうとしていることが分かりました。

書籍を手がけているのは映画『マネーボール』や『マネー・ショート 華麗なる大逆転』などの原作を手がけたマイケル・ルイス氏。同氏が執筆中の著作では、FTXと同社元CEOサム・バンクマン・フリード氏に何が起こったのかが描かれているとしています。

ルイス氏はFTXの経営破綻に至るまでをモデルにした自著の映画化やテレビ放映権の売り込みを積極的に行なっており、Amazon StudiosやNetflixもこれに反応しているとしています。

現在、ハリウッドを中心にFTXの一件に関する複数の映画プロジェクトが進行中で、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』の映画脚本を手がけたグラアム・ムーア氏は、New York Magazineの記事の映画化を予定。

さらに、『マジックと呼ばれる男』や『The Territory』を手掛けてきたノンフィクションスタジオXTRも、FTXが本社を構えるバハマでFTXをテーマにしたノンフィクション映画を作成しているとしています。

記事ソース:DEADLINEHollywood Reporter

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事