ブロックチェーン×古民家の「ブロックチェーンストリート」、福岡県飯塚市が開設に向け活動を開始
   公開日 : 2019/08/25

ブロックチェーン×古民家の「ブロックチェーンストリート」、福岡県飯塚市が開設に向け活動を開始

そちCRYPTO TIMES 公式ライター

2017年8月に仮想通貨に手を出し、海外留学中に自作マイニングリグを作りマイナー活動開始。留学から帰国した後、ライター始めました。好きな食べ物はアヒージョです。

ct analysis

福岡県飯塚市が、福岡に関連がある企業3社と共に、飯塚市幸袋の旧伊藤伝右衛門邸前の長崎街道を中心として、ブロックチェーンと再生した古民家群を活用し「ブロックチェーンストリート」開設に向け活動することを明らかにしました。

プロジェクト参画企業は、SDGsに則った事業を展開する株式会社カグヤ、ブロックチェーンの社会実装を目指す株式会社chaintope、モバイル・クラウド導入支援を行う株式会社ハウインターナショナルです。

今回のプロジェクトでは、2020年春を目処として、福岡県内で4番目に人口が多い飯塚市を中心に、市内の古民家群をコワーキングスペースやシェアオフィス、シェアハウス、コリビング、宿泊施設として再生させ、国内外のブロックチェーンエンジニアや企業への提供を目指していきます。

現在、飯塚市内には、複数のブロックチェーン関連企業や、ブロックチェーンの共同研究が可能な大学が複数存在しています。

また、自治体としてアメリカのサニーベール市(シリコンバレーの一角)と姉妹都市協定を締結するなど、企業支援やスタートアップ育成に対する姿勢が高く、学習・研究から起業までを一気通貫で行える環境が整っています。

また、サウナ併設の道場や、自然農法で作ったお米や野菜などを使った食事処の開設も予定しています。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事