暴力団が匿名仮想通貨を使い300億円を資金洗浄か!?
   公開日 : 2018/05/14

暴力団が匿名仮想通貨を使い300億円を資金洗浄か!?

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis
この記事の3つのポイント!
1.都内の指定暴力団が仮想通貨を用いて資金洗浄している疑いがあると報じられる
2.方法としては海外で匿名通貨を購入し、取引所を経由させるというもの
3.海外のゆるい規制により資金洗浄が可能に

記事ソース:毎日新聞

毎日新聞は14日に、日本の指定暴力団が匿名の仮想通貨を用いて、マネーロンダリング(資金洗浄)を進めていると報じました。仲介役の中国人男性は2016年から現在に至るまでに資金洗浄された額は300億円にのぼるとしています。

毎日新聞は2016年以降、東京都に拠点を置く指定暴力団が違法薬物や振り込め詐欺にて得た収益を国内外の仮想通貨取引所を経由させ、資金を洗浄した疑いがあるとしています。

手口は中国人仲介役の支持により、複数の実行犯が日本の取引所で資金をビットコインやイーサリアムに交換したのち、本人確認なしのYobitやHitBTCなど5,6箇所に分散して送金します。

そこで受け取った資金を匿名性のあるジーキャッシュやモネロ、ダッシュなどに交換し、複数の取引所の口座を十数個経由させ現地の協力者が現地通貨に換金します。それを、商取引を装って日本円に両替すれば資金洗浄完了となります。

同紙は、海外の日本に比べてゆるい規制がマネーロンダリングを可能にしていると指摘しました。

kaz
まあ確かに匿名通貨が使われそうな用途ではあるよね
ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事