GASHO2.0、シードラウンドでの資金調達を開始 | double jump.tokyo株式会社らが出資
   公開日 : 2023/01/16

GASHO2.0、シードラウンドでの資金調達を開始 | double jump.tokyo株式会社らが出資

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

NFTをもとにフィジカルアートの作品を製造・販売しているGASHO2.0がシードラウンドで資金調達を開始したことを発表しました。

国内外問わず企業、個人投資家から出資者を募集しています。すでにdouble jump.tokyo株式会社、株式会社PBADAO、個人投資家から資金調達を実施していることも発表しています。

作品数も1000枚を超え、パートナー企業と事業拡大することで、業界発展や新しい価値の創造が可能と考えに至ったことが、今回の資金調達につながった経緯と述べています。

今回の資金調達で海外への販売促進、クリエイター向けの限定プログラムGASHO Creators Programの本格スタート、製造品質向上、納期の短縮など事業推進につながる企画等が計画されているようです。

現在も協業をしたい企業、投資家からの問い合わせを受け付けているとのことです。

GASHO2.0は、NFTアートをフィジカルアートとして制作するサービスです。フィジカルアートになった際、少し立体的なビジュアルとして制作されます。サイズもXS、S、Mと各種揃えてあり、決済にはETHが使用可能となっています。

購入にはメタマスクを接続する必要があります。その後、ウォレットの中にあるNFTが選択できるようになっています。

詳しくは下記のウェブサイトからご覧ください。

GASHO2.0 ウェブサイト

過去に東京、大阪で展示会も複数回行っており、多くのNFTコレクターの作品をフィジカルアート化しています。Twitterで「#GASHO2_0」で検索をすると展示会の様子が伺えますので、こちらもあわせてご覧ください。

画像、記事ソース:PR TIMES

okcoin japan 720

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事