Genius Yieldが12月15日からISPOを実施、現在のDeFiの世界をシンプルにするCardano上のDeFiアグリゲーター
   公開日 : 2021/12/15

Genius Yieldが12月15日からISPOを実施、現在のDeFiの世界をシンプルにするCardano上のDeFiアグリゲーター

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

Genius Yieldは2021年12月15日から、より公平で、包括的で、安全な、革新的な新しい資金調達の仕組みであるISPOを実施いたします。

ISPOは包括的な独自資金調達ツールであり、コミュニティは自分の資産を投資することなく、Caldanoのネイティブな報酬インセンティブ構造を利用して、お気に入りのプロジェクトを支援することができます。

ISPOの参加方法

DaedalusまたはYoroiウォレットを使用すると、ADA保有者は、ステーキング報酬と引き換えに、資金をステークプールにデリゲート(委任)できます。ISPOに参加するには、GeniusYieldのステークプールにデリゲートする必要があります。その見返りとして、ステーキングしたADAの量とステーキング期間の長さに基づいてGENSトークンが報酬として与えられます。

シンプルさを追求した設計

 Genius Yieldは、DeFi領域における収益機会を探す複雑さに対処するために設計されました。その使命は、AIを活用したクラス最高の自動流動性管理を提供することであり、すべての人にDeFiを民主化することです。フードの下では、アルゴリズムによるイールド最適化戦略が学習し、時間の経過とともに改善されます。Genius Yieldは、ユーザーがDeFiのメリットを享受できるよう、直感的で手間のかからない安全なプラットフォームを提供しています。

Genius Yieldは、金融包摂の精神に基づき、洗練されたDeFiユーザーと初心者の両方に対応できるように作られています。DeFi初心者を支援するために、Genius YieldはGenius Academyを設立しました。DeFiのコンセプトを教え、経済的自由への道のりをサポートする、コミュニティ主導の教育・指導プラットフォームです。

収益の最適化と高いリターンを実現

イールドファーマーたちが投資するプロジェクトを選択する方法を見ると、彼らは最も効率的な利回りを得るために、多くの時間をかけてさまざまな方法を研究し、トライアンドエラーをしています。

イールドファーミングの人気が高まり、新たな投資機会が生まれるにつれ、多くのトレーダーは、より確実にベストな投資機会を見極めることができるソリューションを求めています。

Genius Yieldは、Cardanoブロックチェーン上に実装されたDeFi資産管理ソリューションで、利回りの最適化と高いリターンを投資家に提供します。

Genius Yieldは、AIを活用した「スマートリクイディティマネジメントプロトコル」を開発し、リスクエクスポージャーを最小限に抑えながら、ユーザーのAPYを最大化するための資産配分をアルゴリズムで自動化しています。

これを可能にするのが、Genius Yieldが独自に開発した集中流動性DEXであり、より高い資本効率を実現します。

Uniswap V3と同様の機能を持つGenius DEXは、CaldanoのUTXOベースの台帳の恩恵を十分に受けられるよう、一から完全に再設計されており、プログラマブルなスワップと高いスループットを実現しています。

Genius Yieldの概要や最新情報について詳しく知りたい方は、ウェブサイトやホワイトペーパーをご覧ください。

公式ウェブサイト:https://www.geniusyield.co/

ホワイトペーパー:https://res.cloudinary.com/dxfqw0jsv/image/upload/v1632045499/Geniusyield/Whitepaper-v1.4-english.pdf

日本Telegramコミュニティ:https://t.me/GeniusJapan


Pressed Article

※本記事は企業が発信するプレスリリース記事となります。サービスのご利用、お問い合わせは直接ご提供元にご連絡ください。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事