ドイツの自動車部品販売大手のコンチネンタルが、ドライブしながら仮想通貨を稼ぐアプリを発表
   公開日 : 2019/09/01

ドイツの自動車部品販売大手のコンチネンタルが、ドライブしながら仮想通貨を稼ぐアプリを発表

そち

そちCRYPTO TIMES 公式ライター

2017年8月に仮想通貨に手を出し、海外留学中に自作マイニングリグを作りマイナー活動開始。留学から帰国した後、ライター始めました。好きな食べ物はアヒージョです。

ドイツに本拠地を置く自動車部品分野で世界2位のコンチネンタルが、ブロックチェーンを活用して自動車運転手の情報をマネタイズするアプリ「Earn As You Drive」をローンチしたことを明らかにしました。

同アプリは、2019年2月にプロジェクトが発表された後、コンピュータ関連製品の開発や販売を行うアメリカの企業ヒューレット・パッカードとオープンソースネットワークのCrossbar.iとの提携で開発された模様です。

同アプリは、自動車運転手が情報共有に関する同意を行うことでアプリを使うことが可能であり、駐車場の空き情報をコンチネンタルにシェアすることで独自通貨を稼げるようになります。

コンチネンタルはユーザーから取得した駐車場の空き情報を駐車場運用業者などの第3者に提供し、データのマネタイズやドライバーの自信アップと安全性強化に活用するようです。

同社にとって今回のアプリは、ブロックチェーン基盤のデータ・マネティゼーション・プラットフォーム(DMP)の最初の例となるようです。

記事ソース: Forbes

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事