ゴールドマンサックスが仮想通貨資金管理サービスを検討中
   公開日 : 2018/08/09

ゴールドマンサックスが仮想通貨資金管理サービスを検討中

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis
この記事の3つのポイント!

  • ゴールドマンサックスが仮想通貨向け資金管理サービスを検討
  • サービスの詳細や開始までのタイムラインなどは未だ未発表
  • 野村HDやその他金融機関もすでに管理サービスの開発研究を進めている

記事ソース:Goldman Sachs Is Considering a Custody Offering for Crypto Funds

ゴールドマンサックスが仮想通貨資金の管理サービスの開始を検討していると、ブルームバーグが6日に報じました。

関係者によると、ゴールドマンサックスは現在、仮想通貨基金や機関投資家向けの仮想通貨資金管理サービスの開始を検討しているそうです。

もしこの管理サービスが開始されるようであれば、顧客の資金を不正な攻撃から安全に管理するために、ゴールドマンサックスは新たなセキュリティシステムを開発するのではないかとも見られています。

検討は現在進行中ですが、今後のサービス開始までのタイムラインは公式には未だ発表されていません。

ゴールドマンサックスのような機関によるこのようなサービスの正式な提供は、仮想通貨基金にとって大きなバックアップとなり、さらなる投資家たちやベンチャー企業などの参入にもつながるのではと見られています。

ゴールドマンサックスの広報担当は

 

”様々なデジタルプロダクトへの顧客の需要に対し、どのようなサービスを提供することがベストであるか検討中です。

現時点では、デジタル資産サービスの範囲内において結論には至っていません。”

 

と語りました。

今年5月には野村ホールディングスが他企業と協力し、仮想通貨などのデジタル資産向け管理サービス「Komainu (コマイヌ)」の研究開発を発表しました。また、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン、JPモルガン・チェース、ノーザン・トラストなど、少なくとも3つのウォールストリートの巨大金融機関がデジタル資産向け管理サービスの開発を検討、研究中だそうです。

Daichi
ゴールドマンサックスは仮想通貨などのデジタル資産向けのサービス提供では少し遅れ気味なのでしょうか

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事