日立がブロックチェーンシステム開発支援サービスの提供を開始、システム導入の迅速化へ
   公開日 : 2020/10/31

日立がブロックチェーンシステム開発支援サービスの提供を開始、システム導入の迅速化へ

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

株式会社日立製作所が、企業の保有する業務データをつなぎ、信頼を担保した企業間取引の実現を支援する「ブロックチェーンシステム開発支援サービス」を10月30日から提供開始しました。

サービスではブロックチェーン(分散型台帳)技術を活用する業務アプリケーションの開発・導入を迅速化を行います。ブロックチェーン基盤や開発環境、業務テンプレートなど各種機能を整備し、システム基盤の環境提供から、設計コンサルティング、アプリケーションの構築・運用まで、ブロックチェーンのシステム導入をトータルでサポートします。

日立は、2019年3月より、マネージド型クラウドサービスとしてブロックチェーン基盤の構築から運用保守まで包括的にサポートする「Hitachi Blockchain Service for Hyperledger Fabric」を提供しています。

「ブロックチェーンシステム開発支援サービス」は、「Hitachi Blockchain Service for Hyperledger Fabric」を活用し、ユースケースを「証跡共有型」「価値流通型」「自動執行型」の3つに分類し、各類型に対応する開発部品群を整備しています。

記事ソース:PR Times

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事