分散型デリバティブ取引所「ApeX Protocol」の使い方を解説
   公開日 : 2023/01/07

分散型デリバティブ取引所「ApeX Protocol」の使い方を解説

Daichi

仮想通貨やブロックチェーンを盛り上げるべく、幅広いテーマで初心者の方にもわかりやすく発信しています!

ct analysis

ApeX Pro(エイペックスプロ)は、注目の分散型デリバティブ取引所であるApeX Protocol  (エイペックスプロトコル)の取引プラットフォームです。

複数のネットワーク(ETH, BSC, Polygon, Arbitrum)での入金や、MetaMaskをはじめ様々なウォレットに対応しており、ブラウザ版に加えスマホアプリからもアクセス可能です。

ApeX Protocol (APEX) については下記の記事で詳しく解説しています。

ApeX Protocolの公式HPはこちら

ApeX Proの使い方

ApeX Proの使い方について具体的な手順を解説します。

メタマスクと接続する

まずはApeX Protocol公式サイトへアクセスします。

トップページの右上に表示される「Launch App」をクリックするとブラウザ版が起動します。
スマホアプリを利用したい方は、そのさらに右のアイコンをクリックすると、スマホアプリの案内へ遷移します。
この記事ではブラウザ版をもとに解説を進めます。

右側に表示される「Connect Wallet」をクリックします。

使用するネットワークとウォレットを選択するよう指示されますので、任意のものを選択します。

ネットワークとウォレットを選択すると、規約の確認が表示されます。
おおまかな内容としては以下の通りです(ただし2022年12月時点での内容となります)。

国や地域の政策に従うため、以下の内容について同意・保証する。
・米国や制限された地域に居住する個人、もしくはそれらの地域の企業ではない。
・米国や制限された地域においてApeX Proへのアクセスや取引を行わない。
・VPNを使用しない。
利用規約とプライバシーポリシーに同意する。

問題がなければ「I Agree」を選択して進みます。

次にウォレット接続のため、以下の署名依頼2件が表示されます。

  1. このウォレットの所有者であることを確認
  2. 取引のためのAPIへのアクセスを許可

問題なければ「Send Requests」をクリックし、メタマスクのポップアップの案内通りに署名を実行します。

署名が完了すると設定画面に遷移しますので、以下の3つの項目を入力・選択します。

  • ユーザーネーム(任意)
  • メールアドレス(任意)
  • 通知設定

入力・選択が終わったら、「Confirm」をクリックして完了です。

メールアドレスを登録した場合、後ほど登録アドレスに届くメールからアドレス認証を行う必要があります。

これでメタマスクとの接続が完了しました。

入金する

メタマスクとの接続が完了したら、次は入金です。

デポジット(入金)画面が表示されますので、以下の3つの項目を入力します。

  • From — ネットワークを選択
  • Asset — 入金する資産を選択 ※USDC以外の資産は自動的にUSDCに変換されます
  • Amount — 入金額を入力
最低出金額は$10です。

今回は例としてETHを入金してみます。

入力後、「Confirm Deposit」をクリックすると入金が実行されます。

メタマスクで認証後、画面右上に進捗が表示されます。

入金が完了したら、入金した資産を確認しておきましょう。

画面左上のタブの「Dashboard」>「Overview」をクリックすると、現在の資産額などの情報が表示されます。

また、画面左のタブの「Transfers」から入金履歴を確認することができます。

入金の手順は以上です。

取引する

入金が完了したら、さっそく取引をしてみましょう。

画面左上のタブの「Trade」から取引画面を表示できます。

左上の通貨ペアをクリックすると、取引したい通貨ペアを選択することができます。

取引はすべてUSDCを証拠金としています。

取引画面右側で各項目を入力・選択し、注文が可能です。

Limit(指値注文)、Market(成行注文)、Conditional(条件付き注文)が選択できます。

ポジションについては、「Dashboard」>「Overview」から確認できます。

ポジションをクローズする場合は、まず「Trade」から取引画面を表示し、チャート下部に表示されるポジション一覧を確認します。

該当のポジションから、「Limit」か「Market」を選択してクローズします。

各項目を入力したら、「Confirm」を選択しポジションを解消します。

「Dashboard」>「Overview」を確認すると、今回の取引の結果が資産に反映されています。

また、注文の一覧や履歴などについては、「Dashboard」>「Orders」で確認できます。

以上が取引の基本的な操作です。

出金する

出金する場合は「Trade」から取引画面を表示し、画面右側の「Withdraw」を選択します。

出金画面が表示されるので、以下の3つの項目・選択を入力します。

  • To — ネットワークを選択
  • Asset — 出金する資産を選択
  • Amount — 出金額を入力
最低出金額は$10です。

内容を確認したら、「Confirm Withdrawal」をクリックし実行します。

「出金は一度実行すると取り消すことができません」という旨のメッセージとともに出金の確認を求められますので、問題なければ「Withdraw」をクリックして実行します。

出金の進捗については、入金と同じく「Dashboard」>「Transfers」から確認することができます。

出金方法については以上です。

Trade to Earnイベントへの参加方法

ApeX Proでは年間52ラウンドのTrade to Earnイベントが開催されています。

ユーザーは各ラウンドごとに計算されるスコアに応じて$BANAを獲得することができます。

画面左上のタブの「T2E」(Trade to Earnの略)を選択すると、現在のスコアや$BANAの獲得推定額が表示されています。

執筆時点ではラウンド4が実施中で、0.01ETHの取引を一度行っただけですが、およそ127BANA程度のリワードがついています。

このページでは$BANA獲得推定額の他にも、現在のスコアや、スコアに影響する数値が確認できます。

このスコアについては、各ラウンド期間ごとの支払い済み手数料、平均LPトークン保有量、アフィリエイト実績、平均建玉などに基づいて算出されるようです。

$BANAや$APEXについてはこちらでも解説しています。

まとめ

ApeX Proの使い方について解説しました。

中央集権型取引所(CEX)に対する懸念が強まる昨今、分散型取引所への関心は高まっています。

また、取引を行うだけでリワードがもらえるTrade to Earnイベントも注目ですので、ぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか。

ApeX Protocolの公式HPはこちら

Daichi
BANAがもらえるリワードキャンペーンも随時開催しているようですので要チェックです!
ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事