【海外の検証】Huobi Token / $HTの分析、Binance Coin($BNB)と同様の成長が見込める?
   公開日 : 2018/05/06

【海外の検証】Huobi Token / $HTの分析、Binance Coin($BNB)と同様の成長が見込める?

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

この記事の3つのポイント!

  • Huobi Tokenは上場のための投票権として稼働する
  • Huobiの取引高からトークン価値を検証すると過小評価されている
  • Huobi Tokenは四半期ごとに利益の20%を使って市場から買い戻される

原文記事:Huobi Token (HT) Analysis – Similar Growth Potential To Binance Coin (BNB)?

取引量におおける主要な仮想通貨取引所の1つであるHuobiは、BinanceやKucoinなどの他の取引所と同じ方法で独自のネイティブトークンHuobi Token(HT)を作成しました。

このトークンの価値は、取引所Huobi.Pro、およびその関連会社のパフォーマンスと密接に関連しており、Huobi経済圏内におけるコインの需給動向によって大きく変動します。

Binance Coin(BNB)が1500億円以上、KuCoin Shares(KCS)が300億円と評価されている中で、Huobi Token(時価総額132億円)も同様の成長を見せてくれるでしょうか?

私たちの見解は”YES”です。

今回の分析では、Huobi Tokenの利用例を紹介し

の比較分析を行います。

(Huobi Tokenが提供するメリットについて既に理解している場合は、比較分析の部分まで読み飛ばして下さい)

Huobi Tokenはコイン上場のための投票券として稼働した時に真の価値を発揮する

本項目ではHuobi Tokenに関しての用途に関して説明します。

Huobi Autonomous Digital Asset Exchange(HADAX)は、Huobiが最小限の監査を行い、業界での評価が高い専門投資機関である「Draper」や「ZhenFund」などの投資会社が、プロジェクトに投票することで上場対象を決定しているハイブリッド取引所です。

この仕組みにより、プロジェクトが規制に準拠しており、最低限の品質基準を満たしていることを確実にしています。

Huobi Tokenは、ユーザーの希望するプロジェクトを取引所に上場するために投票を行う以外の用途として、投票対象のプロジェクトから無料でトークンを受け取ることもできます。

Binance等でも行われていることですが、プロジェクトがリストに載っていれば、ユーザーに投票を促すために有権者に向けた報酬の仕組みが設定されています。

例えば、プロジェクトが受け取った全ての投票に対してトークンを10回エアドロップしたり、プロジェクトが選挙に勝った場合は投票者にトークンが渡されます。

そうでない場合は、HTトークンが投票者に払い戻されます。いずれのシナリオにおいても、有権者は損失を被ることがありません。

Huobi Tokenの用途①:手数料の割引

BNBのトークンを所有している瞬間から誰もが手数料を節約できるBinanceとは異なり、Huobiは加入方式を提案しています。

このスキームは、以下に示すように5つの層で動作します。

リファレンス:Huobiの公式サイト

Huobiの現在の料金は、すべてのユーザーに対して、Binanceが提案した0.1%と比較して0.2%です。ただし、VIP5クラスに加入することで、Huobiの手数料をBinanceと同レベルまで減らすことができます。

そのため最初はBinanceの方が有益な選択肢に見えるかもしれません。

ただし、Binanceのオファーは一時的なものであり、毎年、Binanseは取引手数料割引率が50%ずつ減少していき、2年目で25%、3年目で12.5%、4年目で6.25%、5年目では0になり、料金の割引率が半減されます。

これは、来年からBinanceとHuobiの取引手数料割引率が一致することを意味し、BinanceはHuobiに対してコスト的優位性を失います。

あなたは取引手数料の50%の削減を受けるために1ヶ月に12,000のHTトークンは高いと主張することができます。しかし、このシステムは間違いなく「少額投資家」を対象とするものではありません。

Huobiは、明らかに機関投資家を引き付けることを望んでいます。

機関投資家は、取引費用の50%を節約することの利点がコストを上回り、月間数千ドルを節約できます。

Huobi Token(HT)の需要と供給の原動力

上記の2つの利用例は、Huobiトークンを保持する主な利点であり、その価値の主要な原動力的要因です。

Huobi Tokenを保有することのもう一つの利点は、価格上昇する可能性が高いことです。

資産の価格は、需給要因によって支配されます。

Huobi Tokenの需要については

  1. プラットフォームに参加する機関投資家の数
  2. トークンの価値の上昇を推測するユーザー数
  3. 限られたリスクで保証されたリターン

が原動力とみなせます。

すべての需要の原動力は、全体として仮想通貨市場に強く結びついています。市場が成長するにつれて、機関投資家の取引が増え、VIP会員に加入する可能性があります。

コインが上場される時のプロジェクトのエアドロップ報酬に関しては、仮想通貨市場の時価総額が増加するにつれて、上場に向けた競争はより激しくなり、ラウンドに勝つためにはプロジェクトは投票権保有者にとって、より魅力的な報酬を提供しなければならない。

魅力的な報酬を提示されれば、人々は彼らのプロジェクトに投票し、結果として投票のためにHTを購入する。

トークンの供給を減らすためにHuobiでは1つの仕組みが存在します。

供給トークンの削減は、買戻しプログラムの形で実行され、  Huobiは四半期ごとに取引所の利益の20%で取引市場からHTを購入し、投資家保護のためにロックアップされます。

つまり、Huobi Tokenの供給量は四半期ごとに減少します。

比較分析

私たちは、Binance、Kucoin、Bibox、Cossの4つのトークン(BNB、KCS、BIX、COSS)と比較して、Huobi Tokenを調べました。

下の表は、時価総額を取引量と比較したものです。

Huobi対バイナンス市場キャップ比率

意外なことに、日々の取引量がたった170万ドル(1.7億円)でCOSSトークンの時価総額は3,500万ドル(35億円)となっており、競合他社と比較してすると上記の表からCOSSが過大評価されていることが確認できます。

Biboxの比率は0.73、Binanceの比率は0.59であり、Kucoinの比率は6.10です。

これに対し、仮想通貨投資家は「配当」が「買戻し」よりも価値があると信じているようだが、この考え方は正しいとは言えません。どちらのスキームも資産の価格に同様の影響を与えるためです。

一方で、Huobiは取引高に対してトークンの価値が0.08の比率であり、16億ドルの取引高に対して133万ドルの時価総額となっており、他の取引所トークンと比較して明らかに過小評価であることを示しています。

これらの比率を考慮した場合、Huobi TokenはBinanceおよびBiboxの範囲0.59~0.73辺りに近づくはずなので、とても過小評価されているようです。

さらに、BNBとHTを直接比較すると、Binanceの取引量はHuobiの1.7倍になりますが、BNBの時価総額はHTの12倍になります。

トークン価格の違いは、Huobiが西アジアでBinanceよりも積極的なマーケティング活動を行っているという事実によって説明することができます。ほとんどの人はHuobiに独自のトークンがあることに気づいていません。

最終的な結論

Huobi Tokenを思慮深く見てみることをお勧めします。なぜなら、Huobi Tokenは需要を増加させ、同時に供給を減らすことができる利用例が多いためです。

さらに、競合の取引所トークンと比較すると、Huobi Tokenは過小評価されているようです。

前述の取引所の中でも、シンプルな市場シェアを示しているだけでなく、Huobiがトップ5の仮想通貨取引所になっているにもかかわらず、Binanceとの比較ではその差はかなり大きいです。

少なくとも西アジア地方では、今までにチームが行ったマーケティングが不足していたため、トークンを取り巻く知識が不足しています。

マーケティングが完了した時点でKCSやBNBの場合と同様にHuobi Tokenに関する噂が立つようになるはずです。

私たちは長い間Binance Coinに注視してきた、そして取引所にはまだ十分な成長があると考えており、同様の理由からHuobi Tokenは価値向上の見通しがあります。

免責事項:私たちはHTをホールドしています。

これは投資的価値を確約するような助言ではありません。この記事は個人的な意見に基づいて作成されており、投資を行う前に、必要に応じて自分で研究を行い、ご自身の財務アドバイザーに相談することをお勧めします。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事