Immutable Xの助成金プログラムが始動。$IMXホルダーは投票で参加可能
   公開日 : 2021/12/02

Immutable Xの助成金プログラムが始動。$IMXホルダーは投票で参加可能

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

レイヤー2ソリューションを提供するImmutable X/$IMXが助成金プログラムを開始しました。

コミュニティ投票によって選出されたプロジェクトは、用意された12,000IMX(現在約980万円)の一部を開発資金として獲得できます。

プロジェクトの選出は下記の順番で行われ、$IMXトークン保有者は投票に参加可能です。

画像引用元:immutablex.medium.com

– 助成金プログラム手順 –

  • ステップ1:Immutable Xのコアチームがテーマを決定
  • ステップ2:フォームから提案書を提出
  • ステップ3:チームメンバーが提案を審査しDiscordにリストを公表
  • ステップ4:提案に対してコミュニティで投票
  • ステップ5:75%以上の得票を獲得した提案に対してマイルストーンに基づいた資金提供

助成金プログラム第1回のテーマは「デベロッパーツール」で、分析ツールや会計・税務ツールなどImmutable X上の開発者向けのソリューションが募集されます。

提案者は専用フォームから申し込みを行い、投票者はスナップショットのページから投票を行うことが可能です。

Immutable XはEthereum上でのNFTの作成・取引をよりスムーズかつ安価で行うためのレイヤー2スケーリングソリューションです。

マーベルシリーズやディズニーキャラクターのNFT等を取り扱うNFT収集プラットフォーム「VeVe」も元来のGoChainからImmutable X経由でEthereumへの移行を行なっています。

$IMXトークンは記事執筆現在、前日比価格-9.36%、時価総額約:1,585億円(第87位)となっています。(データ参照元:coinmarketcap.com)

CRYPTO TIMESが提供するリサーチレポート「CT Analysis」ではNFT分野を取り扱っており、最新レポートでは話題沸騰中の「メタバース」をテーマにしたレポートを公開中です。

記事ソース:immutablex.medium.com

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事