インド:ケーララ州の食料供給にブロックチェーンを活用
   公開日 : 2018/06/19

インド:ケーララ州の食料供給にブロックチェーンを活用

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

この記事の3つのポイント!

  • 南インドのケーララ州でブロックチェーンを活用した食料サプライチェーンが計画される
  • RFIDやIoTの活用で無駄を省き、効率化を実現
  • ケーララ州ではブロックチェーンそりゅの教育が進んでいる

記事ソース:Kerala govt to leverage Blockchain tech to streamline supply

南インドのケーララ州政府が食料供給にブロックチェーンを活用する予定だとPress Trust of Indiaが報じました。

この新プロジェクトではブロックチェーンを活用し、牛乳、野菜類、魚などの食物のサプライチェーンの無駄を省き効率化することを目指しています

同州のシンクタンクであるThe Kerala Development and Innovation Strategic Council (K-DISC)がプロジェクトを指揮することになっており、RFID(無線識別:Radio Frequency IDentification)やIoTデバイスを活用することで輸送を管理します。

K-DISCのチェアマンであるK. M. Abraham氏によれば、ブロックチェーンによる食物の生産、調達、分配の管理が、日々の何百万という人々への迅速な供給を確保するそうです。

RFIDやIoTを活用することで、牛乳などが冷蔵トラック内で特定の温度で輸送されるよう管理されます。

ケーララ州政府はさらに農作物保険のスキームへのブロックチェーン技術活用を検討しており、これによってより効率的かつ簡易な処理が実現可能と考えられています。

同州はすでにブロックチェーンの教育機関を擁し、金融や医療分野でのブロックチェーンソリューションの教育が進んでいます

記事ソース : South Indian State Kerala to Launch Blockchain Academy

Daichi
政府やインフラが安定していない地域ではこのような取り組みがますます増えそうですね。
Daichi
ブロックチェーン開発が進むインドにこれからも注目です!

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事