インドの取引所Unocoinが新たな取引プラットフォームをローンチ
   公開日 : 2018/06/02

インドの取引所Unocoinが新たな取引プラットフォームをローンチ

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis
この記事の3つのポイント!1.インドの大手取引所が新たな取引プラットフォームUnodaxのローンチを発表
2.Unodaxはスピードとパフォーマンスに特化したプラットフォーム
3.従来のプラットフォームに比べ低い手数料やBTCボーナスなどが特徴

記事ソース:Twitter

インドの大手取引所であるUnocoinは今週水曜日に新たな仮想通貨取引プラットフォームのUnodaxのローンチを発表しました

Unodaxはパフォーマンスとスピードに特化したプラットフォーム


UnodaxはUnocoin Digital Asset Exchange(Unocoinデジタル資産取引所)の頭文字をとって命名されており、15種類の通貨をサポートするとしています。

Unocoinは発表の中で以下のようにコメントしました。

 

「Unocoinは前進するべくリアルタイムのオーダーブック機能やコアな投資家に向けた全ての機能を備えた取引プラットフォームの提供を開始します。」

同社は既存のプラットフォームであるUnocoinからUnodaxへの移行は非常にスムーズに行えるとし、ログイン情報や取引履歴も引き継がれるとしています。

UnocoinはユーザーIDとパスワードもそのまま使えるという点を強調し、「スピードとパフォーマンスに特化した新たなウェブサイトができたという点以外はユーザーにとっては何も変わらない。」とコメントしました。

UnocoinとUnodaxの違いとは?

既存のプラットフォームであるUnocoinはビットコイン(BTC)取引に特化しており、スリッページ幅が10BTCまで存在しません。また、トランザクション手数料は0.7%で最小取引量は1000ルピーとなっています。

一方のUnodaxはBTCを含め複数の仮想通貨取引に対応しており、メイカー手数料(指値注文)が0.4%、テイカー手数料(成行注文)が0.6%に設定されています。さらに、メイカーで注文を出した場合はオーダーブックの流動性に貢献したとして0.3%のBTCボーナスが付与されます。

Unocoinは「既存のプラットフォームであるUnocoinは資産を保管するのに適している」とコメントしました。

kaz
BTCボーナスってのは面白いですね

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事