インド最大の仮想通貨取引所が規制を受け、ユーザーに出金を催促
   公開日 : 2018/06/24

インド最大の仮想通貨取引所が規制を受け、ユーザーに出金を催促

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

この記事の3つのポイント!
1.インド最大の取引所Zebpayがユーザーにルピーを出金するよう警告
2.インドでは新たな規制を受け、法定通貨ペアが禁止の流れへ
3.一方で仮想通貨同士のペアは通常通り取引可能

記事ソース:Chepicap

インドで最大の規模を誇る仮想通貨取引所のZebpayは直近のインド中央銀行の規制を受け、自社のユーザーに対してインドルピーを口座から出金するように催促しました

インド準備銀行は法定通貨ペアを規制する方針

インド準備銀行(RBI)は今年四月にインド国内の大手銀行に対して仮想通貨事業へのサポートを打ち切るように指示しました。これはインド国内の仮想通貨取引所は仮想通貨対法定通貨のペアを一切取り扱うことができなくなるということを意味します。

公式発表の中でZebpayは顧客が同取引所に預けている資産が失われる可能性があるということを警告しました。

 

「責任ある企業として当社は顧客保護と市場の完全性を第一に考えている。この点に置いて、当社の銀行口座が混乱すると、ルピーの預金と出金が不可能になることに気をつけてほしい。これはルピーに基づいた仮想通貨取引を中断しかねない他、価格に大きな影響を及ぼすだろう。もしあなたがZebpayの口座にルピーを保有する場合はこの点を覚えて置いてほしい。」

現在までで新たな規制に反応し、利用者に警告を促したのはZebpayが初の事例となっています。一方で仮想通貨対仮想通貨のペアによる取引は通常通り行われている模様です。

kaz
インドも仮想通貨規制の方向か…

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事