IOSTのNASDAQ上場パートナー、急速に成長するUAV(無人航空機)業界
   公開日 : 2021/01/19

IOSTのNASDAQ上場パートナー、急速に成長するUAV(無人航空機)業界

Crypto Times 編集部

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

ドローン企業のEHangは、2019年からIOSTの戦略的パートナーです。一般的にブロックチェーン、またはIOSTブロックチェーンは、急速に成長しているUAV(無人航空機)業界が直面している技術的な問題に対応する可能性を秘めています。

2021年1月、中国のドローン企業の株価は、2020年11月の記録よりも5倍高く飛行して、執筆時にはUSD8ドルからUSD40ドルになりました。

UAVとブロックチェーンという2つの最先端技術を組み合わせることで、興味深いアプリケーションが生まれ、都市部と農村部のインフラを変革する大きな可能性を提供することになるでしょう。このパートナーシップにより、IOSTは、将来のますアダプションのシナリオを開く、主な産業への参入を続けています。

IOSTは日本の取引所ではCoincheckで購入が可能です。使い方や登録方法はこちらの記事で確認が可能です。

IOST×EHangパートナーシップの概要

IOST財団は2019年4月に、中国民間航空局(CAAC)に向けて、エキサイティングなエアロスペース・プロジェクトに関する、フライトデータの整合性とデータ分析の有効性を提供するための、Ehangとの戦略的パートナーシップを発表しました。

このパートなシップでは、安全で信頼性の高いデータ管理システムをEHangに提供します。また、送信元からのデータ循環の全記録を可視化することができます。IOSTの最先端技術により、EHangはブロックチェーン上の航空情報をより安全に保護するためのエンタープライズレベルのソリューションを構築することができ、データアクセスをより簡単に、より速く、より安全にすることができます。

UAV x ブロックチェーン、強力な技術のクロスワールド

米国運輸省(DOT)の報告書は、ブロックチェーン技術が交通管理を支援し、データストレージの問題を解決し、UAVのクラウドシステムにおけるビッグデータの信頼性の問題を解決することで、UAVにおける航空データの共有と管理、信頼性の問題を解決することを強調しています。

UAVは開放的な空中で運用されているため、紛失、破壊、物理的なハイジャックなどの脆弱性があります。UAVネットワークにおける様々な問題(UAV内通信、UAVのセキュリティ、航空データのセキュリティ、データの保存・管理など)に対応する必要があります。分散型台帳であるブロックチェーンは、ハッシュ関数や公開鍵暗号化などの暗号技術を用いて共有データを保護します。

EHangについて

EHang (NASDAQ: EH) は、世界をリードする自律型空撮車 (AAV) 技術のプラットフォーム企業です。その使命は、安全で自律的で環境に優しいエアモビリティを誰もが利用できるようにすることです。EHangは、様々な業界の顧客にAAV製品と商用ソリューションを提供しています:エアモビリティ(旅客輸送や物流を含む)、スマートシティマネジメント、空中メディアソリューションなど。

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事