IOTAが分散型デジタルアイデンティティUnified Identity Protocolの開発を発表
   公開日 : 2019/11/29

IOTAが分散型デジタルアイデンティティUnified Identity Protocolの開発を発表

Crypto Times 編集部

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

IOTA Foundationが、分散型デジタルアイデンティをタングル上に構築するUnified Identity Protocolを発表しました。

IOTAはデジタルアイデンティティの実装には最適なプラットフォームになっています。その理由として、完全にオープンで透明なDLTを提供しているとともに、トランザクションの実行手数料は無料です。

許可されたDLTや利益追求のためのコンセンサスを備えたDLTとは異なり、IOTAは中立的な環境を構築し、ユーザー個人だけではなく、組織や物にも適したデジタルアイデンティを提供していくと発表しています。

デジタルアイデンティティの実験的なアプリケーションは2020年のQ1 / Q2リリースに向けて、現在取り組まれています。

Unified Identity ProtocolのWhitepaperも既に公開済みです。

記事ソース : Medium – IOTA Foundation

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事