仮想通貨取引所・KuCoin同社の香港オフィスが空だとする噂に対する弁明を公表しました。

この噂は香港の仮想通貨アナリスト、Joseph Young氏が自身のMediumページに投稿したもので、同社の香港オフィスのアドレスは実際には存在しないと主張しています。

KuCoinの香港オフィスはもぬけの殻?

数日前、自称仮想通貨アナリストかつ投資家と名乗るJoseph Youngという人物が自身のMediumアカウント上でKuCoinの香港オフィスは空だとする内容を投稿しました。

投稿のタイトルは「要注意!KuCoinの香港オフィスは空だ、この取引所に入金する際には必要以上に注意するように」と題されており、同氏がオフィスの住所とされる場所を訪れた際の写真も添付されています。

現地の人が香港のコミュニティでKuCoinに関する情報を見聞きした事がないため、常に同社に関して懐疑的だったと証言しています。同氏は次のように付け加えました。

 

「もし、KuCoinが本当に香港にきているのなら香港証券取引委員会(SFC)が調査に乗り出し、取引を中断させているだろう」

Joseph Young氏はKuCoinが香港オフィスとして掲載している住所へと出向き、その住所が二つの会社名義で登録されている事を発見しました。しかし、その二つにはKuCoinの名前は含まれていませんでした。


同氏はさらに、KuCoinがSmart Team Secretarial Ltdという名前で登録されている事も発見しました。

この名前は、住所登録がされている二つの企業のうちの一つでしたが、Smart Team Secretarialの従業員が顔を見せた事はないと言います。

KuCoinは直後に公式声明を発表

この噂が世に出た直後にKuCoinは公式に「KuCoinのオフィスに関する説明」と題した声明を発表しました。

この記事では、同社の本部はシンガポールにあり、香港オフィスとされていた住所はあくまでKuCoinの数ある子会社の一つの住所だと説明されています。

しかし、この記事が公開された直後に、同社のTwitterアカウントが一時的に停止され、界隈では波紋を呼んでいます。

kaz
一体何が起きてるんだ…?