石川県加賀市、始動!!日本初の「ブロックチェーン都市」へ向けて
2018/06/04

石川県加賀市、始動!!日本初の「ブロックチェーン都市」へ向けて

sota【CRYPTO TIMES 公式ライター】

sotaCRYPTO TIMES 公式ライター

高校卒業までの18年間を水泳に捧げた水タイプ大学生。大学ではサーフィンやらボストンへの留学やらしてます。2017年8月に仮想通貨に手を出し、最近ではマインングも始めました。

どうも!sota(@sotaswimmer)です!

本記事では、2018年3月16日に発表された、石川県加賀市が社会システム開発企業のスマートバリューとブロックチェーンスタートアップのシビラの2社と共に、ブロックチェーン都市を目指す構想について紹介していきます。

ブロックチェーン都市の概要

地方自治体がブロックチェーンを使った都市を目指すのは日本初とのことで様々な声が上がっておりますが、ブロックチェーン都市とは具体的にどのような都市で、何が目的なのでしょうか?

ブロックチェーン都市とは

さて、気になるブロックチェーン都市ですが、要するに

ブロックチェーン技術で、地域の課題解決と新たな経済圏創出を行い、地域が自律・自走できる都市

です。

sota
ブロックチェーンの透明性によってオープンになったデータを分析し、検証や研究を推め、課題解決と経済圏創出をするんですね。

ブロックチェーン都市の目的

このブロックチェーン都市、目的が3つあります。

  • 新たな産業、経済を生み出すこと
  • 新たな教育の場、雇用を生み出すこと
  • 電子行政を推進すること

これらの3つを通して、加賀市の教育、文化、雇用、産業を支え、さらなる活性化を促していくようです。

初年度である2019年、なにをするの?

とても先進的なこのプロジェクトですが、そのための第一歩として初年度である2019年度は、

  • ブロックチェーン技術によるKYC認証基盤の構築
  • ラボの建設

に取り組むようです。

KYC認証基盤

KYCとは、Know Your Customerの略であり、KYC認証基盤のアプリケーションをブロックチェーン上に構築することで、地域内サービスの認証を一元化したり、データ集積を簡単にし、 行政コストの削減と、データを活用した新たなサービス検証を測ります

ラボの建設

このラボ、スマートバリュー社にとっては、地域活性化のための技術やサービスを研究開発する場に、

加賀市にとっては、IoTやロボット技術の取り組みやICT技術の研究を掛け合わせて新しい地域サービスを研究開発すると供に、IT人材の育成、雇用のためのコミュニティ形成の場となる予定です。

参考画像

まとめ

本記事では、2018年3月16日に発表された、石川県加賀市のブロックチェーン都市を目指す取り組みを紹介させていただきました。

ブロックチェーン技術を地方に活用したり、地方がICOをしたりすれば活性化に繋がると前々から言われていましたが、やっと実働し始めましたね!

sota
幼少期を石川県で過ごした者として、これからの地方創生のモデルケースになることを強く願っています!

CRYPTO TIMES LINE@で情報ゲット!

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事