韓国の新たな金融監督官は仮想通貨に肯定的な見解を提示
   公開日 : 2018/05/07

韓国の新たな金融監督官は仮想通貨に肯定的な見解を提示

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis
この記事の3つのポイント!
1.韓国の新たな金融監督官は仮想通貨に肯定的
2.今後各機関と連携して法整備を進めていくと発言
3.韓国では現在急速に仮想通貨周りの法整備が進んでいる

引用元:Cointelegraph

今月6日に開催された記者会見で、韓国金融監督院(FSS)に新たに就任する金融監督官が仮想通貨に対して肯定的な見解であることを示したとコリアンタイムズが報じました。また、FSSは仮想通貨の規制に関して他の機関と連携して進めていくとしました。

韓国は仮想通貨の法整備に尽力

今月8日から新しく金融監督官として就任するYoon Suk-heun氏より良い規制はより強固な金融システムを構築し、仮想通貨関連の製品へのアクセスを容易にすると述べました。

昨年12月に韓国では匿名での仮想通貨取引が禁止された直後から将来的には全面禁止になるという噂が流れていました。しかし、今年の一月韓国の財務大臣によってその可能性は否定されています

Yoon氏は具体的にどう取引所等と連携していくかについてはコメントしませんでしたが、「問題は山積みになっており、我々は着実に一つ一つの問題に対処していく」としました。

韓国の取引所Bithumbのバイスプレジデントを務めるLee Jeong-ah氏がコリアンタイムズに伝えたところによると、韓国国内の仮想通貨取引量は規制前の4兆ウォンから4,000億ウォンにまで落ち込んだそうです。

韓国では今年3月に政府関係者が仮想通貨を保有および取引することを禁止しています。さらに、つい先日には韓国の議員グループがICOを合法化する法案を提出するニュースが報じられるなど韓国国内では仮想通貨に対しての動きが活発化しています。

kaz
韓国も色々忙しいですな…

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事