大手金融機関を顧客に抱えるKx Systemsが仮想通貨トレード機能を追加
   公開日 : 2018/05/15

大手金融機関を顧客に抱えるKx Systemsが仮想通貨トレード機能を追加

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

  • この記事の3つのポイント!
    1.Kx Systemsは自社が展開するプラットフォームで仮想通貨取引を開始したことを発表
    2.同社はゴールドマンサックスやモルガン・スタンレーなどを顧客に抱えるソフトウェア企業
    3.今回の仮想通貨取引は顧客による希望とトップは説明

    記事ソース:Kx Systems

ソフトウェア開発を行なっているKx Systemsは自社が展開しているwhite label forex (FX) trading platformこKx for Flowにて仮想通貨トレード機能を追加したと今月14日にブログ上で発表しました。

Kx for Flowの利用者は本日からビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)の5種類の通貨の取引が可能になっています。

Kx Systemsは高性能なソフトウェアを提供していることでも知られている米国の企業で、顧客にゴールドマンサックスやモルガン・スタンレー、GSAキャピタルなど名だたる金融機関を抱えています

Kx for FlowはHTML5によって設計されたFX取引用のプラットフォームで、先物取引やレアメタル、CFDなどの取引を扱っていましたが、今回新たに仮想通貨取引が追加された形となります。

Kx Systemsのトップを務めるRich Kiel氏は今回の仮想通貨取引の開始について、「主に顧客からの要望に答えた機能で、以前から熱望されていた」とコメントしました。

kaz
ということはこれらの金融機関が本格的に仮想通貨取引を始める日はそう遠くない…?

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事