LayerXが保険金支払業務自動化の技術検証のため、MaaS領域の実証実験を実施
   公開日 : 2020/08/18

LayerXが保険金支払業務自動化の技術検証のため、MaaS領域の実証実験を実施

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

SOMPOホールディングス、損害保険ジャパン、ナビタイムジャパン、株式会社LayerXが協働し、保険事故発生の自動検出および保険金支払業務自動化の技術検証のため、MaaS領域におけるブロックチェーン技術を活用した実証実験を実施します。

MaaS (Mobility as a Service)領域のDLT応用に関する実証実験は8月18日から9月30日にかけて行われる予定で、「電車の運行遅延」を保険金請求事由と見立て、ブロックチェーン上でさまざまなプログラムを自動的に実行できる仕組みのスマートコントラクトを活用します。

検証ではJR宇都宮線・高崎線・埼京線の遅延情報を自動検知し、位置情報をもとに当該遅延の影響を受けたと判定されるテストモニターに対して、保険金に見立てたデジタルクーポンを即時に自動発行、配付します。

MaaS領域におけるブロックチェーンの国内での実証実験は国内初であり、あらたな分野での技術の応用に期待が集まります。

記事ソース:PR Times

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事