LINEが暗号通貨取引所「BITFRONT」をアメリカで運営開始
   公開日 : 2020/02/29

LINEが暗号通貨取引所「BITFRONT」をアメリカで運営開始

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

LINEとLVCが、日本を除くグローバル向け暗号資産取引所「BITFRONT」の運営を2月27日より開始しました。 BITFRONTは、LVC USAが運営主体となり、仮想通貨同士の取引や米ドルによる仮想通貨取引を提供します。

LINEグループは、以前から日米を除くグローバル向け取引所「BITBOX」を運営していましたが、法定通貨による仮想通貨の取引にも対応する目的で「BITBOX」を「BITFRONT」に移行しました。

LINEの暗号資産事業やブロックチェーン関連事業を展開するLVCは、LINE Token Economyの拡大戦略の一環として子会社であるLVC USAを通じて運営を行います。

取引所は以下の5つのトークンを取り扱う予定です。また、銀行口座の連携を行うと、米ドルを利用した仮想通貨の取引も可能となります。

  • LINE独自の通貨LINK
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • テザー(USDT)

LVC代表取締役の高永受氏は、今回の運営開始について、「BITFRONTのローンチはブロックチェーンを社会に広く浸透させるための大きな一歩です。最も信頼されるグローバル向け仮想通貨取引所として、ブロックチェーンや仮想通貨がユーザーの皆さまにとってより身近なものになるよう、引き続き尽力していきます」 とコメントしています。

記事ソース:PRTimes

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事