Magic Eden ApeCoin DAOへAIP Ideaを提出、Ape NFTマーケットプレイスを提案
   公開日 : 2022/08/10

Magic Eden ApeCoin DAOへAIP Ideaを提出、Ape NFTマーケットプレイスを提案

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

Solana NFTをメインとするNFT マーケットプレイスのMagic EdenがApeCoin DAOへAIP Idea(提案)を提出しています。

  • 提案内容 – APEホルダーがBAYC、MAYC、BAKCを含むApeCoinDAO NFTを売買するためのマーケットプレースを構築すること
  • 特徴 – ETH / APEの入札、ApeCoin支払いの割引、マーチャント機能、カスタムエンジニアリング&マーケティングリソースの提供
  • 手数料 – 取引ごとに1.5%の基本手数料、ApeCoinを使用した場合0.5%のディスカウント、BAYC、MAYC、BAKCのホルダーが行った取引には、さらに0.25%の割引で最大0.75%まで下がる
  • スケジュール – 2022年9月頃に稼動する予定
  • 将来ビジョン – マーチャンダイズストアや、将来のAIPによってはコミュニティプロジェクトをサポートするローンチパッド機能など、マーケットプレイスに追加していく予定

提案内容の一部を解説すると以上のようになっています。詳しくは、ApeCoinDAOのフォーラムをご確認ください。

AIP Idea: A Marketplace for Apes, by Apes, built by Magic Eden

既に初期段階のモックアップも公開されています。現在のモックアップを見る限り、ApeCoin DAOのページでそのまま取引が可能になるように伺えます。

将来的にマーチャンダイズストアも視野に入れているとTwitterに記載がありましたので、フィジカルアイテムが取り扱われる可能性も考えられる提案です。

ただし、ApeCoin DAOはPROPOSAL PHASESが9つあることから、これらをクリアしないと実現しません。今回の提案は、まだ”AIP Idea”の段階です。今後この提案が、SnapShotまでいき投票され可決されるか注目です。

PROPOSAL PHASESの詳しい基準は、下記のサイトに掲載されています。

APECOIN DAO GOVERNANCE

記事ソース:A Marketplace for Apes, by Apes, built by Magic Eden

画像:shutterstock

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事