Mirror Protocolのガバナンストークン $MIR のエアドロップが $UNI や $LUNA 保持者に向け実施
   公開日 : 2020/12/07

Mirror Protocolのガバナンストークン $MIR のエアドロップが $UNI や $LUNA 保持者に向け実施

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

Terraform Labs (TFL)がTerraブロックチェーンにデプロイしたMirrorプロトコルのガバナンストークンMIRのファーミングが可能になりました。

Mirror.Oneはストックやセキュリティを取引することができる取引所です。Mirrorプロトコルはユーザーによるガバナンスに注目しており、自立して安定的なエコシステムを目指しています。

ジェネシスブロックでは、11月23日時点で最低100UNIを保有していたユーザーを対象に合計で9,150,000トークンが配布されます。また、同日にLUNAトークンをステーキングしているウォレットを対象に合計で9,150,000トークンが配布されます。

ユーザーはローンチ後に以下の三つの方法でMIRトークンを稼ぐことができます。

  • MIR/USTペアへ流動性供給する
  • LUNAトークンをステーキングする
  • mAsset/USTペアへ流動性供給する(mAssetはチェーン上の価格活動を反映することによって、トレーダーに現実世界の資産に対する価格感応度を提供する合成資産)

トークンの配布割合は以下の通りです。

現状、配布は終わっているのでユーザーはウォレットを確認することで  $MIR を手にしているかわかります。

記事ソース:MediumMirror

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事