三井物産デジタル・アセットマネジメントがセキュリティ・トークンの実証を開始
   公開日 : 2020/04/22

三井物産デジタル・アセットマネジメントがセキュリティ・トークンの実証を開始

Suzuki

バスケと音楽が好きなライターです。ブロックチェーンや仮想通貨について勉強しています。よろしくお願いします。

ct analysis

三井物産デジタル・アセットマネジメント(MDM)がブロックチェーン関連事業を展開するLayerXと投資法人みらいと協働し、ブロックチェーンでセキュリティ・トークンを発行を発行するデジタル証券プロジェクト(Project D)を開始しました。

Project Dでは、J-REITが保有する不動産を投資対象とするファンドでの実証を行います。

実証ファンドでは、MDMおよびLayerXがセキュリティ・トークン発行のシステムを企画・開発し、三井物産がアセットマネジメント、投資持分の売買プロセスに関する実証の媒介者として機能します。

これにより、投資家の出資持分が分散台帳上で管理され、投資家への配当額の自動計算や、非対面での投資持分譲渡が可能になります。

今回のProject Dで対象となるのは、六甲アイランドDCで、三井物産株式会社と大手外食チェーンの緊密な取引関係に基づき開発された専用設計の物流拠点となっておりり、同社の関西地区約600店舗の事業継続に必要不可欠な重要機能を担う産業施設です。

MDMは、実証ファンドを契機としてProject Dを本格的にスタートさせ、最新テクノロジーを用いた運用業務の効率化や、セキュリティ・トークンを用いた新しい資金調達手段等の技術を利用して、資産運用業務のDXを推進し、今後3年以内に運用資産残高を1,000億円規模に成長させることを目標としています。

記事ソース:PRTimes

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事