この記事の3つのポイント!1.MLBがブロックチェーンを活用したゲームを開発中
2.MLB Crypto BaseballはCryptoKittiesのようなゲームになる模様
3.ユーザーはETHを購入し、Metamaskに送金することでアバターのトレードが可能に

記事ソース:Yahoo Finance

Yahoo Financeによると、アメリカのメジャーリーグ(MLB)は先週金曜日にブロックチェーンスタートアップのLucid Sightと提携し、イーサリアムチェーン上でdAppを展開する計画を明らかにしました。

MLBがスポーツ×ブロックチェーンに進出

MLBが開発中のゲームはMLB Crypto Baseballと名付けられ、既出のCryptoKittiesのようなゲームになるとしています。MLBは同ゲームを用いてベースボールファンにもブロックチェーンを知ってもらおうとする狙いがあるようです。

MLBのゲームおよびベンチャー部門のバイスプレジデントを務めるKenny Gersh氏は以下のようにコメントしました。

 

「我々はCryptoKittiesが世に出た時点で、すでにLucid Sightと話し合っていた。そして、CryptoKittiesの方が少し早くそれを形にした。」

ユーザーはMLB Crypto Baseballをプレイするためには、イーサリアムを購入し、Metamaskに送金する必要があります。その後、ユーザーは直近のゲームでの場面に紐付けされたデジタルアバターをトレードすることが可能になります

 

「自分のお気に入りのチームのアイテムをデジタルで集めるというのは、チームと関わる新たな手段だ。例えば私の場合、レッドソックスが地区優勝を果たすとしよう。私はそれを記念する何かを買いたいと思うだろう。これらのイベントアイテムはあなたがその場にいたと感じさせてくれる。もしそれが、デジタルなものだとしても。」

以前にもSacramento KingsというNBA所属のバスケットボールチームがチャリティーでイーサリアムをマイニングするというニュースが報じられており、今後スポーツ×ブロックチェーンの流れは加速していくと見られています。

kaz
CryptoKittiesみたいに高額カードとか出てくるのかな