『Mochi』の概要や特徴、AMAの内容をQ&A形式で解説!
   公開日 : 2021/05/09

『Mochi』の概要や特徴、AMAの内容をQ&A形式で解説!

ユッシCRYPTO TIMES公式ライター

2017年11月に仮想通貨投資を始めたことをきっかけにDAppsやブロックチェーンゲームなどに興味を持つように。仮想通貨メディアのライターとして約3年間活動する実績の中でブロックチェーン・仮想通貨の基礎的な知識から専門的な内容まで幅広く発信中。

ct analysis

Mike Winkelman氏のデジタルアート作品「Everydays – The First 5000 Days」が約$69 million(約75億円)で落札されたことなどをきっかけに、現在も高い注目を集め続けているNFT市場。

しかし、カードのパックを購入するのに数万円〜数十万円が必要であったり、取引1回につき数千円〜1万円ほどのガス料金がかかったりするなど、現状のNFT市場は資金を持っている人達のみがアクセスできる市場といえます。

本記事では、そんなNFT市場における問題の解決を目的としたプロジェクト「Mochi」について、先日CRYPTO TIMESホストで開催されたAMAの内容を元にQ&A形式で解説していきます。

・「NFT市場の最先端情報について知りたい」
・「Mochiプロジェクトについて知りたい」

といった方は是非最後まで読んでみてください。

目次

Mochiの概要

Mochiの概要

ティッカー/通貨名$MOMA=Mochi Market
創設者Sophia Ho、Kevin Do、Charles Tran、Taio Newgate、Nolan Ngo、Elio Tan、Roberto Le
主な提携先Uniswap(v2)
希薄後時価総額61億円
特徴数々のハッカソンで受賞歴を持つMochiLabs.orgが手掛けるNFT関連プロジェクト。将来的にDAOを目指したコミュニティ主導型の製品やNFT Launchpad機能などを提供するとしている。
公式リンクWebサイト
Twitter
Telegram
Medium
Discord
Github

MochiはMochiLab.orgが手掛けているNFT分野へのソリューションを提供するプロジェクトで、下記の5つの主要サービスを開発しています。

  • Mochi Marketplace
  • Mochi DEX
  • Mochi Rewards System
  • Mochi Earn
  • Mochi Integration

MochiLabはこれまで、ChainlinkやBinanceなどのハッカソンで数々の優秀な結果を残してきています。

また、Web3分野におけるソリューションの提供を目的とする日本のプロジェクト「Plasm Network」とも提携を結んでいます。

MochiのAMA

今回のAMAにはMochiLabの共同創設者のSophia氏と共同創設者兼CTOのKevin氏が参加してくれました。

自己紹介

Sophia:もしもーし!Sophiaです。

まず最初に、私たちを歓迎してくれたアラタさんと彼のチームに感謝したいと思いますし、この時間に私たちを迎えてくれたことを嬉しく思います。

今日のAMAを楽しみにしています。今日のAMAが終わる頃には、皆さんがMochiを十分に味わえるようになっていることを願っています。しかし、もしあなたがMochiに満足できないのであれば、@mochi_market でクールで楽しく、情熱的なサポートをしてくれるコミュニティであるMochi Familyとともに、おもちを食べていただくために両手と口を広げてあなたをお迎えします 。

私自身について少し説明しますと、私はコンサルティングと金融のバックグラウンドを持ち、2017年からブロックチェーンの旅を始めました。

キャリアの最初の10年間は、ベトナム、シンガポール、ドイツの多国籍企業で働いていました。

面白いことに、私の最初の会社員時代はKPMGで、最後の会社員時代はEYでした。

その間、私は自分のビジネスも行っていました。私は常に起業家精神があり、クールなものを作りたかったのです。

2017年にクリプトの領域に参入してからは、トークンのビジネスモデルから事業戦略、マーケティング、コミュニティ構築まで、さまざまな立場でトークンベースのプロジェクトにアドバイスをするようになりました。その数年後には、トークン化とDeFiに焦点を当てたBlocks99.comというクリプトメディアプラットフォームを設立しました。

そして今、チームや投資家の皆さんの全面的なサポートのもと、MochiLabのCEOを務めています。

Kevin:もしもし、Kevinと申します。

私はMochiLabの技術チームを率い、CTOとして活動しています。

これに先立ち、私はゲーム開発業界で4年間過ごした後、2016年にブロックチェーン開発に移り、大企業のブロックチェーン研究開発ラボのリーダーとして活動してきました。

私は、最新のブロックチェーン技術を研究し、製品に応用することに多くの時間を費やしており、ブロックチェーンコミュニティの発展のために、ベトナムでブロックチェーンを指導したり、教えたりすることにも時間を割いています。

以上、簡単な自己紹介をさせていただきました。Sophiaaと同様、私もこの場にいられることを嬉しく思いますし、お招きいただいたことに感謝しています。皆さんが今日のディスカッションから何か貴重なヒントを得られることを願っています。

私は慶応義塾大学を卒業しており、近々また日本を訪れるのが楽しみです。

今日は一日よろしくお願いします。

1. MochiLabsのプロジェクトについて紹介してください。

Sophia:Mochi.Marketは、Mochilab.orgの最初の製品です。

現在、私たちは12人で、主に技術とビジネスに焦点を当てています。私たちのチームは、シームレスなWeb3 NFT経済を実現するための技術的ソリューションを開発することを目的として、世界中に散らばる献身的な人々で構成されています。

2. MochiLabsのプロジェクトの主なポイントと解決できる問題点はなんでしょうか?

Sophia:今年、NFTが大流行していることは周知の事実ですよね。NFTの普及状況やアプリケーションの規模がいかに大きいかということは、一般の方にもよく知られています。

私たちMochilab.orgは、NFTベースの経済に強い信念を持っています。

Mochi.Marketは私たちの最初の製品ですが、これがうまくスケールしたら、将来的にはもっと多くのNFT製品を開発するという大きな計画を持っています。

私たちはDeFiや現在のアプリケーションの先に大きなビジョンを持っていますが、このレベルでは、現在のユーザーやアーリーアダプターが直面している実際の問題に私たちのソリューションを適用することから始めたいと考えています。

私たちがMochi.Marketで解決したいと考えているこれらの問題には、以下のようなものがあります。

  • NFT市場の流動性の欠如
  • NFT保有者の保有期間中のマネタイズ戦略の不足
  • NFTとFTのクロスチェーン利用が不可能

– 因みに先日Mochi.marketはPlasmのTestnet Dusty上でデモが発表されましたよね。Plasm以外にも、Mochi.marketがすでに取り組んでいるデモはありますか?(BSCのように)

https://mochi-plasm.firebaseapp.com/

Kevin:はい、これがそのデモバージョンです。

当社のメインプロダクトは現在、監査段階にあり、まもなくリリースされる予定です。

Sophia:我々は、既にBSCのマーケットプレイス製品が完成させています。

Kevinさんがおっしゃるように、現在はスマートコントラクトの監査を受けています。

パートナーであるHalbornがBSC Versionの監査を終えれば、リリースできるようになります。

Kebin:BSC、ハーモニーワンのテストネットバージョンもあります。

Sophia:このように沢山の開発が進んでいます!

CRYPTO TIMES編集長

現在、テスト環境で触れるのはPlasmのみで、これからBSCVesrionのMochi Marketが出てくるみたいですね!

個人的には、BSCにはNFT Market Placeがないのでリリース楽しみですね!

3. 競合のプロジェクトと比較した時のMochi.Marketの強みは何でしょうか?

Kevin:確かに、似たような問題に取り組もうとしている人やプロジェクトは他にもあります。

しかし、当社の技術的な付加価値は、NFTの流動性問題を解決するための独自のソリューションにあると考えています。これが私たちの一番の関心事です。

Mochiは、NFTのためのミニスーパーアプリのように機能する統合プラットフォームを提供することを目指しており、製品群としては5つの製品がありますが、その中でもDEXがメインの製品です。

また、現在のソリューションの中には、より深刻な問題に対する一時的な解決策であるものもあると考えており、NFTのフラクショナル化と流動性に関するエレガントなソリューションを実現するのは、おそらく当社が最初になるでしょう。

私たちの価値提案や独自性の一部は、マルチチェーンであることと、将来的にDAOになることを目指したコミュニティ主導型の製品であることにあります。

もう1つのポイントは、私が個人的にとても楽しみにしているNFT Launchpad機能です。

コミュニティからの質問

– Mochiの発行するトークンの使い道は何でしょうか?

Sophia:$MOMAトークンは、コミュニティやステークホルダーを意識して設計されています。様々なステークホルダーの利益を一致させることが最善の策であると考えています。

ちなみに、トークンのステッカーはMochiではなく$MOMA です。

さらに、DAOに対する私たちの信念と、日に日にDAOに移行していくという目標を考えると、ガバナンスは私たちのロードマップと$MOMAのトークンエコノミクスにおいて非常に重要な部分を占めることになります。

$MOMAトークンの効用としては、取引手数料の割引、特別オファーやリワード、利回りのインセンティブ、そしてもちろんガバナンスが挙げられます。

この他にも、私たちが強調したいもう一つのユニークな点は、トークン提供におけるフェアローンチだと思っています。人によっては違った解釈をされることも予想されますが、要するにシード、プライベート、パブリックの3つのラウンドの投資家(規模の大小、経歴の有無は問いません)が、同じ価格、同じ条件で$MOMAを購入するということです。

ところで、この場をお借りして、ごく最近、シードラウンドとプライベートラウンドをクローズしたこともお知らせしたいと思います。これはとても励みになりますし、今は23日からDAOMakerで行われるパブリックセールに集中しています。

– Mochi.MarketはBSCでローンチされる予定ですが、何故EthereumネットワークでなくBSCなのでしょうか?

Kevin:BSCが選ばれた理由について少しご紹介します。

  1. 比較的安価な手数料で迅速な取引が可能
  2. EVMに対応したチェーン
  3. エコシステムとコミュニティが成熟している

現時点では、BSCが最初のプラットフォームですが、唯一のプラットフォームではありません。

私たちが他のプラットフォームを選ぶときも基準は同じで、成熟したエコシステムとコミュニティを持つチェーンを好み、EVMに対応していれば、それがベストだと考えています。

次に移行を予定しているチェーンはPolkadot、Ethereum、Polygon、そしておそらくHarmony OneとSolanaもです。

– 世界的に見てもEthereum上のNFTでないとNFTとは認められないという意見も日本では一部見られます。この点はどう考えますか?

Kevin:はい、私たちの最終的な目標は、私たちの製品がクロスチェーンで動くようにすることであり、トップはPolkadot、ETH、BSCです。どこを使うかは関係ないです。

NFTを自由に売買することができます。

– Mochiは先日Plasmと提携し、Plasm Networkでのデモを公開しましたよね。PlasmもNFTも日本では人気がありますが、日本もターゲットになっているのでしょうか?

Kevin:この質問も私が続けて答えましょう。

間違いなく、日本は我々のターゲット市場の一つです。

Plasm社とはパートナーシップを結んでいます。また、渡辺創太さんとは頻繁に話をしていますが、彼は本当に堅実な日本の開発者です。

日本の市場は大きな可能性を秘めています。

日本にはマンガ、アニメ、アートの長い伝統があります。

NFTがこの市場にもっと深く導入されれば、大きな成長のチャンスがあると考えています。

個人的には、日本に留学する機会もありましたし(素晴らしい思い出です)、日本の文化に触れながら長い間仕事をしてきたので、日本の嗜好や文化も理解できるようになったと思います。

そのため、この市場に製品を投入する場合、製品だけでなく既存の関係性から見ても、より有利な立場にあると考えています。

Sophia:また、日本市場と密接な関係を持つメンバーもチームにいます。

我々のブランドであるMOCHIを選んでいただいたことは、とても嬉しい偶然です。

– Raribleでは誰でもNFTが発行できるため、価値のないNFTがたくさん並んでいます。それに対して、NiftyGatewayやSuperRareなどのPFには審査済みの価値あるNFTが並んでいます。しかし、その分オープン性は欠けいます。これらの問題についての考えと対処法について教えてください。

Sophia:これは面白い質問ですね。Kevinさんが反対しないのであれば、私がお答えしましょう。

どのような市場やシステムでもそうだと思いますが、オープンさと品質・安全性の間に調和を見出さなければなりません。

中央集権と非中央集権の折衷案も同様です。

市場やシステムがオープンで非中央集権的であればあるほど、そのエコシステム内のユーザーやステークホルダーのグループがよりバラバラになるため、必要な品質は少なくなるかもしれません。

Mochi.Marketでは、良いバランスを目指しています。本当の意味での分散型ネットワークを目指していますが、同時に、マーケット上の商品の品質もある程度確保しています。

ガバナンストークンとしての$MOMAは、これらの問題のいくつかを解決するのに役立ちます。

– NFTに代表されるデジタルアートに価値があると考える理由は何ですか?デジタルの世界では、オリジナルとコピーの違いはないと思います。さらに悪いことに、クリエイターは同じデータを使って新しいNFTを作ることができますよね?

Kevin:ブロックチェーンのおかげで、本物と偽物を簡単に確認することができます。

これはブロックチェーンに永久保存されているハッシュ値によるものです。

– NFT Launchpadの仕組みを教えて下さい

Kevin:NFT Launchpadは現在開発中で、今年の第4四半期にリリースされる予定です。

現時点では、ローンチパッドのどの階層にどのような要件があるのか、詳細は公表できませんが、主な機能は以下の通りです。

  • 参加者が将来的に注目されるプロジェクトのNFTの公開販売にアクセスできるようにする
  • Tierが高いほど、レアなNFTを購入するためのアロケーションを得たり、リワードやエアドロップを受け取るチャンスが高くなる
  • 参加者は当社のMOMAトークンの一部を保有している必要があり、プロジェクトによっては他のNFTも保有している必要がある

– $MOMAの由来を教えてください

Kevin:「MOchi MArket = $MOMA」です。

– 最後に

Sophia:次回のコミュニティとのAMAの前に、日本語を学ばなければなりませんね。

またすぐ会いましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか?

全体的にざっくりとした解説でしたが、NFT市場にはまだ課題が残っておりそれを解決するためのソリューションを提供しようとしていることがよく分かったかと思います。

今後もCRYPTO TIMESでは、暗号通貨のあらゆる分野の情報を発信していくので、是非積極的にチェックしてみてください。

最後までありがとうございました。

-Mochi公式リンク-

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事