ビットコイン、40,000ドルのライン割る|清算額は約97億円に

ビットコイン、40,000ドルのライン割る|清算額は約97億円に

本日1月23日夜中に40,000ドルのラインを割ったビットコインは記事執筆現在、39,500ドル台を推移しています。

1月中旬の現物型ETF承認後には一時49,000ドルに迫るなど大きな上昇を見せていたビットコインはその後下落を続け、現在は12月から続いていたレンジの下限を大きく割っています。

直近24時間でビットコイン先物取引における清算総額は*6,595万ドル(97.2億円)となり、そのうちロングポジションは約5,370ドル清算されています。*coinglass参照

現物型ビットコインETF承認により、機関投資家らによる資金流入が発生することが予想されるなか、ETF承認後のビットコイン価格へのポジティブな影響は限定的なものとなっています。

オンチェーンデータ分析プラットフォームArkhamによるとビットコインETFを提供中の4社(Blackrock、Fidelity、Bitwise、Franklin Templeton)は現在合計74,650 BTC(約4,330億円)を保有しています。

現物型ビットコインETFでは、運用会社がETFを発行する際に現物のビットコインを市場から集める必要があります。そのため今後、さらに多くの機関投資家がETFを通してビットコインを求めた場合、現物の需要があがり価格が上昇することが予想されます。

ARK Investと共に現物型ビットコインETFを提供中の21 Shares共同創設者オフィーリア・スナイダー氏は以前、ETFの承認が市場へ影響与えるには数ヶ月かかるとことを指摘しています。

記事ソース:coinglassArkham

ニュース/解説記事

Enable Notifications OK No thanks