Circle社の$USDC、Cosmosネイティブで第2四半期に発行を予定
   公開日 : 2023/03/29

Circle社の$USDC、Cosmosネイティブで第2四半期に発行を予定

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

Circle社が手掛けるステーブルコイン$USDCが今年第2四半期にCosmosネイティブで発行されることが発表されました。

USDCの発行はCosmos上で現実世界の資産に裏打ちされたトークンの発行を行える環境の構築を目指し、昨年よりステルスで運用されてきたプロジェクト「Noble」のプラットフォーム上で実施を予定。

Noble上でUSDCが発行されることで、今後Cosmosエコシステム内の50以上のIBC対応ブロックチェーンがネイティブに発行されたUSDCにアクセスできるようになるとしています。

関連:仮想通貨Cosmos/$ATOMとは?特徴や仕組み、注意点を解説

今回の発表に関してNobleは下記コメントを出しています。

“「今夏統合により、Cosmosでは今後数ヶ月で数億ドルの流動性が生まれ、他のエコシステムから調達したブリッジド・アセットと対話する際にユーザーやアプチェーンが直面する課題の是正を目指します。将来的には、流動性が高く、よく採用された数百のCosmosブロックチェーンが存在することになると考えています。すべてのブロックチェーンはUSDCの正規版と互換性を必要としており、Nobleはこの重要なニーズを満たすために存在しています。- 引用元;mirror」”

先日、Circle社は、親会社が米連邦破産法第11条(チャプター11)を申請し閉鎖されたシリコンバレー銀行に$USDCの準備金の8%にあたる33億ドルが同行にて未処理のまま滞留していることを発表。その後$USDCは1 $USD付近を下方乖離しました。*現在はペッグ回復済

関連:USDCデペッグ後、分散型取引所で購入が急増したことが判明

Circle社の最新公開情報によると、$USDCの準備金に関して「80%が米国の短期国債、20%が米国の銀行システムの現金預金」で管理を実施。同社は$USDCの準備金の現金部分を連邦準備制度理事会で直接保持することを目指しているとしています。

記事ソース:mirrorCircle

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事