SBI VCトレードとOasysが提携|仮想通貨と日本円の自動交換にも対応予定
   公開日 : 2023/03/24

SBI VCトレードとOasysが提携|仮想通貨と日本円の自動交換にも対応予定

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

SBI VCトレード株式会社(以下、SBI VCトレード)とブロックチェーンゲームエコシステムを構築するOasysが業務提携を結んだことが発表されました。

SBI VCトレードは、$OASトークンやOasysネットワークの国内での普及に向けた取り組みを進める予定で、

  • SBI Web3ウォレットのOasysネットワークへの対応
  • SBINFT Marketでの対応
  • B2C2での流動性提供
  • SBIグループ各社との連携の推進

等を行っていく予定としています。

同社はWeb3ウォレットでのOasysネットワーク対応に関して、仮想通貨と日本円の自動交換の機能を実装予定。ブロックチェーンゲーム内のNFTの購入にあたり、仮想通貨を都度購入する必要がなくなるとしています。

SBI Web3ウォレットの活用によるUX改善イメージ | 画像引用元:PR TIMES

多くのゲームプロジェクトの登場やa16zなど大手ベンチャーキャピタルによる同領域への投資などにより、近年のブロックチェーンゲーム市場は拡大を続けています。

ゲーム特化型のブロックチェーンを手掛けるOasysにはバリデーターとしてBANDAI、GREE、SEGA、SQUARE ENIXなど国内の著名ゲーム企業が参加。100万OASのデポジットで構築可能な「ヴァース」と呼ばれる仕組みを導入しているOasysでは、IPにおけるリスク管理など参加者による自由度の高い構築が可能となっています。

Verse-Layer | 画像引用元:Whitepaper

Oasys Directorの森山大器氏は「Web3関連事業を含む先進的な事業を次々と展開されているSBIグループ様とともに提携の第1歩を発表できたことを大変嬉しく思います。本提携を皮切りとして今後SBIグループ様との複合的な連携を検討していくことを楽しみにしております。」とコメント。

SBI VCトレード株式会社常務取締役の近藤智彦氏は「今回Oasys様との業務提携により、国内唯一のオンチェーンNFT取引が可能なカストディアルウォレットである「SBI Web3ウォレット」の活用が、Oasys様が目指すブロックチェーンゲームのマスアダプションに貢献できるものと確信しております。」と述べています。

ブロックチェーン技術の進化やデジタル資産の普及が進む中、SBI VCトレードとOasysの業務提携による更なるブロックチェーンゲームやNFT市場の発展、それに伴う新たなビジネスモデルの創出への貢献等が期待されます。

記事ソース:PR TIMES


免責事項

・本記事は情報提供のために作成されたものであり、暗号資産や証券その他の金融商品の売買や引受けを勧誘する目的で使用されたり、あるいはそうした取引の勧誘とみなされたり、証券その他の金融商品に関する助言や推奨を構成したりすべきものではありません。
・本記事に掲載された情報や意見は、当社が信頼できると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性、完全性、目的適合性、最新性、真実性等を保証するものではありません。
・本記事上に掲載又は記載された一切の情報に起因し又は関連して生じた損害又は損失について、当社、筆者、その他の全ての関係者は一切の責任を負いません。暗号資産にはハッキングやその他リスクが伴いますので、ご自身で十分な調査を行った上でのご利用を推奨します。(その他の免責事項はこちら)

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事