『OneRare』の概要や特徴、AMAの内容をQ&A形式で解説!
   公開日 : 2021/11/24

『OneRare』の概要や特徴、AMAの内容をQ&A形式で解説!

ユッシ@暗号通貨ドクターCRYPTO TIMES公式ライター

✅Twitter:@cryptoyusshi | 主にPolkadot情報を発信します

本記事では、OneRareについて、先日開催されたAMAイベントを元にQ&A形式で解説していきます。

暗号通貨・ブロックチェーン業界は日々様々な分野が盛り上がっていますが、食品・飲料業界はデジタルとの相性が悪いため、この盛り上がりの恩恵を得られていません。

今回紹介する「OneRare」は、NFTとメタバースを食べ物に組み合わせることで、食品・飲料業界のブロックチェーン分野への参入を促すプロジェクトです。

本稿では主に下記の流れで説明していきます。


・OneRareとはどんなプロジェクトなのか
・どんな問題を解決できるのか
・競合と比較した時の強みはなにか
・トークンの使い道はなにか
・その他細かい部分に関する内容

「OneRareについて知りたい」

「メタバース分野で面白そうなプロジェクトを見つけたい」

といった方は是非最後まで読んでみてください。

目次

OneRareの概要

OneRareの概要

ティッカー/通貨名$ORARE/ORARE Token
主な提携先
時価総額
CMCページ$ORARE/ORARE Token
トークンアロケーションSeed:5%、Private1:5%、PRIVATE2:5%、Public Sale 1.25%、Team:20%、Ecosystem:40%、Treasury:23.75%
公式リンクWebサイト
Twitter
Telegram channel
Discord
Instagram
ドキュメント

OnRareはフードとメタバースをかけ合わせた「Foodverse」の実現を目指すプロジェクトです。

将来的にOneRareユーザーは、食べ物にまつわるミニゲームで遊んだり、有名シェフやレストラン、人気料理番組などが発行する「フードNFT」を売買したり、購入したNFTを現実世界のお店で食事に交換したりできるようになります。

OneRareはゲームキャラクター向けの特別メニューや、Web3イベントやパーティーに対応するクリエイティブな食べ物も提供予定としており、今後メタバースやWeb3.0が発展した場合、ユニークなポジションを確立できる可能性を秘めています。

OneRareのAMA

AMAにはOneRareの共同創設者のSupreet Raju氏が参加してくれています。

自己紹介と、OneRareを開発した背景やチームについて教えてください

OneRareの共同設立者のSupreet Rajuです。私はデザインのゴールドメダリストで、Foodverseのクリエイティブ戦略を統括しています。

私の共同設立者であるGaurav Guptaはエンジニアで、OneRareの技術面とマーケティング面での支援を行っています。個人的な話ですが、彼は私の夫でもあります。

ですから、このブロックチェーン・プロジェクトでは、私たちは夫と妻のチームなのです。

18人の強力なチームがあり、OneRareの設計、開発、コーディング、マーケティングをサポートしています。私たちのチームはグローバルに活動しており、私たちの情熱がプロジェクトを24時間体制で支えています。

「OneRare」の概要と主なメリットを教えてください

OneRareは世界初のフード・メタバース、通称「Foodverse」です。

OneRareは世界中の「食」をテーマにしたユニークなゲームで、

  • ファーム
  • ファーマーズマーケット
  • キッチン
  • プレイグラウンド

の4つのエリアで構成されています。ユーザーは、OneRare上で様々な方法で「食」と関わり、遊び、獲得し、取引し、バトルを行うことができます。

OneRareでは、コスタリカのカサドから日本の寿司まで、世界中の料理を楽しめるのです。メニューには、世界の料理、特別な食事(keto/vegan)、著名なシェフやレストラン、Web3プロジェクトとの限定的なコラボレーションなどが盛り込まれます。

OneRareは、ブロックチェーンの世界を食で結びつけることを目的とした包括的なプロジェクトと言えます。

私たちは、ブロックチェーンにおける史上初のフードプロジェクトであり、ハートのあるプロジェクトです。有名シェフやレストランと協力してWeb3に登場させ、その収益はAction against Hungerの目的のために使われます。

*Action Against Hunger =世界の飢餓を終わらせることに尽力しているグローバルな人道組織を指す言葉

-ちなみになぜ、メタバースにもフードが必要なのでしょうか?-

食べ物には言葉がありません。学校の数学の授業で分数をりんごとオレンジで教えられたことを思い出してください。

食べ物は、物事を単純化し、ブロックチェーンに多くのアイディアをもたらす最高の方法です。そして、もう1つの理由があります。

メタバースは、私たちのバーチャルライフを構築するものですから、食べ物が私たちの生活の一部にならないはずがありません。

Onerareはどのような問題を解決するのでしょうか?

OneRareは、Web2の業界全体をWeb3ユーザーに開放します。

世界の食品・飲料業界には何十億もの価値がありますが、彼らは地元のオーディエンスにしかマネタイズできません。日本の有名シェフは世界的に有名かもしれませんが、彼は自分のレストランがある地域の地元の人々としか関わりを持てないですよね。

OneRareは、シェフやレストランがブロックチェーンに参入し、料理をNFTとしてトークン化して、暗号通貨で稼ぐことが可能な最初の機会を作ります。

また、私たちは、OneRareのプラットフォームを世界の飢餓に対する声として使いたいと思っています。世界のシェフやレストランとのコラボレーションにより、この目的のために資金を調達し、すべての人に食料を確保するために暗号コミュニティが本当に協力できると考えています。

– 料理をNFT化したあとそれはどのように使われるのでしょうか?

私たちは、世界中のシェフやレストランと提携し、ユーザーにNFTを実際の食事と交換するオプションを提供しています。

フードNFTを使って、プレイグラウンドでミニゲームを楽しむこともできます。

– 今、NFTはとても人気があります。従来のNFTにおけるアーティストとその作品が、シェフと食事に代わるイメージですか?

そうです。シェフは、最終的にはクリエイティブなアーティストでもあります。

私たちはそれをCulinary Artと呼んでいますが、彼らは間違いなくアーティストですね

– 例えば、私は日本に住んでいますが、ロシアのシェフが作ったフードNFTを購入することもできるわけですよね?これも実際の食事に変換することができるのでしょうか?

はい、私たちの計画は、ユーザーたちのために最大限の選択肢を作ることです。

食は世界的なテーマなので、誰もがどこの国の食べ物でも楽しめます。

競合するプロジェクトと比較して、どのような点が強みなのでしょうか?

素晴らしい質問ですね。

OneRareは世界初の試みであり、そのユニークさが私たちの最初の強みです。私たちは初のフード・メタバースであり、フードは人々に笑顔をもたらします。だからこそ、私たちは、人々が自分の国の食べ物を見たり、料理を作ったり、楽しんだりできる、楽しくて魅力的なプロジェクトなのです。

また、私たちは、新しい観客を獲得することに焦点を当てた教育的なプロジェクトでもあります。ブロックチェーンのプロジェクトは、参入障壁が高く、ウォレットや取引を理解するのが技術的に難しいため、人々が参入するのは非常に難しいと感じています。

私たちは、「食」をテーマにして、人々が初めてブロックチェーンを体験できるように導くことができる、シンプルなプロジェクトを目指しています。

トークンのユーティリティを教えて下さい

私達のプロジェクトのトークンはORAREです。

私たちのFoodverseは、ユーザーのためのユーティリティー・トークンである$ORAREトークンで動作します。トークンは、農場からプレイグラウンドまで、ゲームのさまざまな場面で使用されます。農作業のスピードアップ、ファーマーズマーケットでの取引、プレイグラウンドでのミニゲームなどが使用用途の例です。

また、ORAREトークンの保有者は、どのレシピが公開されるかの投票や、お祝いのエアドロップ、有名人のレシピへのステーキングなど、ガバナンスやコミュニティの決定において重要な権限を持つことになります。

料理のレシピは著作権がありません、例えばOneRareは著作権の権利関係にも使われたりしますか?

そんなことはありません。

OneRareレシピは、レシピを作るために必要な材料のリストであり、実際の詳細ではありません。

ですから、著作権の問題はありません。

メタバースはフェイスブックなどでも発表されていますが、OneRareはFoodVerseで、メタバースの中でも特に新しい点だと思いますが、なぜこの分野にフォーカスしているのでしょうか?

いい質問ですね。

フェイスブックは、メタバースとは何かについて、非常に具体的な定義とイメージを打ち出してきたと思います。しかし、彼らが最初に市場に出たわけではありません。ブロックチェーン業界では、もっと前からメタバースのコンセプトに取り組んでおり、メタバースがどうあるべきか、さまざまなアイデアが進化してもいいと思います。

私たちは2021年1月、食品を祝うとともに、食品というハッピーなテーマを使って世界中のユーザーをつなぐために、Foodverseというアイデアを思いつきました。世界の料理、フェスティバルの料理、セレブリティ・シェフのシグネチャーディッシュ、象徴的なレストランの食事、ヴィーガン/ケトのような特別な食事など、食事を祝うことに焦点を当てています。

私たちは、この空間を探検し、毎日新しい食品のアイデアを考え出し、私たち独自の定義のFoodverseでブロックチェーンを食品化することに興奮しています。

PolygonやEnjinと提携していますが、これらのパートナーとはどのような関係を築いていくのでしょうか?

はい、その通りです。

私たちは、ブロックチェーンの未来はマルチチェーンであると強く信じています。そのため、より速く、より強く構築することを支援してくれる質の高いパートナーと協力しています。私たちの旅は、最初のテストネットの構築を支援してくれたPolygonのサポートによって始まりました。

現在はEnjinと提携し、次のレイヤーの構築をサポートしています。私たちは、世界初のNFTスロットマシンであるミニゲーム「Hippo Full」を用意しています。私たちの計画は、OneRareのフレンドシップカバを作ることです。私たちのフレンドシップカバは、エコシステム内のさまざまなチェーンに配置されます。

私たちは、食べ物と笑顔を世界中に広めたいと思っています。

メタバースの世界がやってきますが、メタバースの未来はどうなると思いますか?その中で、OneRareはどのようなポジションを担うべきだと思いますか?

2020年6月には誰もNFTの本当の意味を知りませんでしたが、ここにきて、1つのCryptoPunksが数百万で売れる市場になっています。

ブロックチェーン業界で見られるダイナミックな成長は他に類を見ないものだと思うので、メタバースの未来を予測するのは確かに難しいです。先ほども言いましたが、私はバージョンがひとつしかないとは思っていません。

メタバースの未来は、私たちの現在のデジタルライフ(電話、ソーシャルメディア、Zoomコールでの接続)をよりphydigital(Physical+Digital)な存在へと導き、デジタルな資産が物理的な商品と同じくらいの価値を持つようになると感じています。人々は、志を同じくする人々とグローバルに関わりたいと思っており、メタバースはまさにそれを可能にします。

OneRareは、ブロックチェーンユーザーの食空間における品質体験を橋渡しし、シェフがWeb3に来て料理をNFTとしてトークン化し、ユーザーがそのNFTを本物の食事と交換できるという建設的なループを作ることを目指しています。

デジタル空間での情熱が現実世界のユースケースを見つけたとき、ブロックチェーン産業はさらに繁栄するでしょう。

日本でも多くの企業がNFTやメタバースに参加していますが、今後、日本との提携の予定はありますか?

はい、もちろんです。Foodverseである私たちにとって、日本をリストのトップに入れないわけにはいきません。

日本は、寿司や味噌など、非の打ち所のない食べ物で世界に革命を起こしてきました。私たちは、すぐにでも日本のシェフやレストランと提携したいと考えています。

日本は「食」と「技術」に最適な国だと感じており、OneRareは日本の食を私たちのFoodverseで紹介することを楽しみにしています。

OneRareは世界の飢餓問題を解決することを目的としていますが、食品・飲料業界とはどのようなパートナーシップや連携を結んでいるのでしょうか?Foodverseがどんなものなのか、まだイメージがわかないので、わかりやすく教えてください。

最後の質問はとても良いですね。

「Foodverse」とは、食べ物をテーマにしたメタバースで、ユーザーは様々な食べ物のテーマやアクティビティに触れることができます。農場で食材を育てたり、ファーマーズマーケットで買い物や取引をしたり、キッチンで食材を集めたり、料理のNFTを要求したり、プレイグラウンドで食べ物のミニゲームで遊んだりできます。

OneRareでは、世界中の料理をNFTとしてトークン化しているため、著名なシェフやレストランと提携して、彼らの代表的な料理をNFT化しています。プレイヤーは、このNFTをFoodverseで獲得し、後に実際の食事と交換することができます。つまり、食品・飲料業界の人がブロックチェーン業界に参入する初めての試みとなるのです。

Action against Hunger(飢餓に対する行動)に関しては、飲食業界とのコラボレーションによるすべての収入と収益は、この目的のために使われます。

私たちは、コミュニティのために完全な透明性を持ってこれを行うことができるよう、暗号化されたチャリティファンドと協議しています。また、この活動にコミュニティを巻き込むことも計画しています。例えば、ユーザーが自分のNFTを冷蔵庫にステーキングできる「Food Fridge」です。そうすれば、貧しい人々が無料で食事を取ることができる「Food Fridge」を現実の世界に作ることができます。

ブロックチェーンは世界中で多くの良い行いを実行できます。私たちのフードプロジェクトも、可能な限り小さな方法で貢献したいと考えています。

コミュニティからの質問

OneRareで扱われるお店は高級店だけなのでしょうか。いわゆるB級グルメについてはどう感じますか?

そんなことはありません。私たちは、世界中の料理、世界の料理、伝統的な料理、祭りのメニュー、特別な食事(ビーガンやケトー)などを祝います。

食べ物に高いも低いもありません。すべての国、すべての種類の食べ物を網羅することを目指しています。

(個人レシピのトークン化について)①「最も人気のある料理がOneRareアーティストによって作成」とありますが、投票の具体的な選定基準はありますか?-②「この料理は、コミュニティメンバー/レシピの寄稿者に帰属し」とあります。寄稿者に帰属するということはレシピがNFT化され、売買された時に別途報酬も用意されるのでしょうか?

-①の質問背景-
例えば、同じ種類の料理でも使用する具材や調味料によっても変わります。レシピのみの提出だけだとすると、独自に考案した料理の美味しさも良し悪しも伝わらないと思います。更に料理は希少性や高い材料を使用したから良い料理とは限らないと個人としては思っています。飢餓について目的をもったゲームを目指すなら尚更です。そのあたりも選定基準の1つとして考慮されるのでしょうか?何をもってその個人レシピは良いと判断してもらえるのでしょうか?また、全く同じレシピや似たレシピがもし提出されてしまった場合の選定基準も気になりますので教えて下さい。


ご質問ありがとうございます。私たちは、コミュニティが積極的に意見を述べて料理を決めることができるように、投票オプションを残しています。毎週、チームがアップロードする料理と、$ORAREトークンを持って投票できる投票用の料理があります。

詳細なレシピの提出は求めておらず、各レシピに含まれる材料のリストを求めています。美味しさは芸術では判断できない、という意見には賛成です。

私たちは、材料費が高いかどうかで料理を分類するつもりはありません。私たちのアイデアは、コミュニティに力を与えることです。もし、日本のコミュニティの声が大きく、伝統的な日本料理を見たいと思っている人がいれば、彼らが声を上げることができるのです。

世界中のレストランやシェフは、ブロックチェーンの知識を持ってない人が大部分だと思います。そういった人々にどうやって、あなたのプロジェクトを普及させる計画なのでしょうか?膨大なプロモート費用がかかってしまうのではないでしょうか?

質問ありがとうございます。現在の食品・飲料業界がブロックチェーンについてあまり知らないというのは、まったくその通りです。しかし、今日のニュースや、コカ・コーラやタコ・ベルなどのビッグブランドがNFTを導入したおかげで、シェフやレストランは非常に興味を持っています。

そのため、OneRareは彼らにとって素晴らしいプラットフォームなのです。私たちは彼らの旅をより簡単にするために、Web3の最初の一歩を踏み出すための素晴らしいサポートを提供します。

「Action Against Hunger」について質問があります。現在多くのNPO、NGOがこの難しい飢餓の問題に取り組んでいますが、未だに無くすことが出来ません。売り上げを寄付するというのはどの業界でも取り組んでいますが、OneRareでは独自の取り組みを行う予定はありますか?

ご質問ありがとうございます。Action Against Hungerに関する質問がたくさん寄せられていますので、ここで少しずつお答えしていきたいと思います 。

世界の飢餓は確かに大きな問題であり、パンデミックによってその問題はさらに深刻化しています。私たちOneRareの目的は、世界の飢餓をなくすことができるという高尚な主張をすることではありません。しかし、この方向に向けて誠実に努力したいと考えています。

私たちは、シェフやレストランと協力して、食事をオークションに出して資金を集めるというアイデアをいくつか考えています。私たちは、NFTを賭けたFood Fridgeのアイデアを持っており、その資金を貧しい国のFood Fridgeに充てる予定です。

OneRareは食の祭典ですが、自分たちの社会的責任を認識しなければ、完全な祭典にはなりません。ですから、私たちは正直に自分の役割を果たしたいと思っています。それぞれのブロックチェーンプロジェクトによる小さな違いでも、それは助けになるでしょう。

最後に

皆さん、お時間とご質問をいただき、本当にありがとうございました。皆さんの質問のひとつひとつに情熱が感じられ、そのすべてにお応えしたいというのが正直なところです。

OneRareを知るために時間を割いていただきありがとうございます。

私たちは、あなたが私たちの旅に参加して、ブロックチェーンを食料化することを願っています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

「料理やレシピのNFTを発行する」というのは斬新かつ新鮮なアイディアですよね。

実際に食べられない食べ物のNFTであっても、有名店が発行したNFTや、そのNFTを通して特別な体験が出来るのであれば十分価値を感じられ、成立するのではないでしょうか。

OneRareはまだまだ始まったばかりのプロジェクトですが、今後の動向を追っていきたいという方は下記公式リンクの各SNSやサイトをチェックしてみてください。

最後までありがとうございました。

– OneRare公式リンク –

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事