【2018年からWeb3.0】ブラウザ「Opera」、Solanaブロックチェーンを統合予定と発表
   公開日 : 2021/12/12

【2018年からWeb3.0】ブラウザ「Opera」、Solanaブロックチェーンを統合予定と発表

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

ノルウェーのオスロに本社を置くOpera Software AS社(NASDAQ上場済)が、同社が提供中のブラウザ「Opera」にSolanaのブロックチェーンを統合予定であると発表しました。

Opera Software AS社はSolanaLabsと協力し2022年第1四半期にSolanaブロックチェーンの統合を完了させ、SolanaのdAppsをサポートする予定としています。

Operaは2018年から、Web3.0実現に向けてモバイル版とデスクトップ版の両方のブラウザで、Ethreum/$ETHを始めとするERC20規格のトークンや、ERC-721規格のNFTなどを取り扱える機能を実装してきました。

2018年時点のOpera | 画像引用元:blogs.opera.com

Operaの暗号エコシステムリードのスージー・バット氏は、

“「Solanaは、10億人を暗号通貨にオンボーディングすることを目標としています。それが私たちが共有する目標です。Operaほど早くからweb3の最前線に立っているブラウザ会社は他にありません。前進するために協力できることに興奮しています。- 引用元:press.opera.com」”

とコメントを残しています。

CRYPTO TIMESが提供するリサーチレポート「CT Analysis」では、Solanaをテーマにしたレポートを公開中です。

記事ソース:blogs.opera.compress.opera.com

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事