世界第2位のダークウェブマーケットが閉鎖 多額の仮想通貨が押収される
2019/05/05

世界第2位のダークウェブマーケットが閉鎖 多額の仮想通貨が押収される

kaz【CRYPTO TIMES公式ライター】

kazCRYPTO TIMES公式ライター

スイスの高校を卒業し、アメリカの大学に通う大学生。去年の6月に仮想通貨に参戦し、その面白さと魅力にハマり投資を始めました。

世界第2位の規模を誇るダークウェブマーケット、「The Wall Street Market」が閉鎖され、多額の仮想通貨が押収されたことがわかりました。

The Wall Street MarketはTorネットワークを通してアクセス可能なオンライン闇市場で、薬物や盗難データ、偽造書類などの販売が行われていました。

Torネットワークとは?
Torネットワークは接続経路の匿名化を実現するための通信規格で、専用のソフトウェアを使うことでネットワークにアクセスすることができます。

ユーロポールは関係各所と連携し、The Wall Street Marketの摘発および閉鎖へと踏み切りました。同市場では6万3,000件以上の商品が販売されており、115万のアカウントが登録されていました。

今回の摘発では、55万ユーロ(約6,850万円)を超える現金、6桁の金額に相当するビットコイン($BTC)やモネロ($XMR)などの仮想通貨、車両、コンピューターなどが押収されました。

当局はサイトの運営に関わっていたとされる3名の容疑者をドイツで、大量の薬物を販売していた2名の容疑者を米国で逮捕しました。

サイト運営者は取引額の2%から6%を手数料として徴収していたとされています。

6年前に当時世界最大のオンライン闇市場Silk Roadが閉鎖されたことにも代表されるように、現在世界各国がダークウェブ利用者の撲滅に取り組んでいます。

これらの市場ではその匿名性から仮想通貨が利用されることが多く、健全な経済圏を築いていく上では見過ごせない事態となっています。

記事ソース: The Next Web, Europol

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事