仮想通貨投資ファンドの資金調達に公的年金基金など機関投資家が殺到!?モルガン・クリーク・デジタルがてがけるファンドが約44億円の資金調達に成功!
   公開日 : 2019/02/19

仮想通貨投資ファンドの資金調達に公的年金基金など機関投資家が殺到!?モルガン・クリーク・デジタルがてがけるファンドが約44億円の資金調達に成功!

ユッシCRYPTO TIMES公式ライター

主にPolkadot(ポルカドット)情報を発信します / CRYPTO TIMES(2018~) / 専門記事500本以上執筆 / 最先端情報を様々なアングルでお届けします。Twitter:@cryptoyusshi

仮想通貨に特化した投資運用企業のモルガン・クリーク・デジタルが手掛けるファンドが新たに4000万ドル(約44億円)を調達したことがわかりました。

この資金調達は当初2500万ドル(約28億円)を目標とされていましたが、多くの機関投資家が参加したため調達額が予定よりも大きくなったようです。

また、この資金調達にはバージニア州の2つの公的年金基金「警察官年金システム(資産約1600億円)」と「従業員年金システム(資産約4700億円)」が参加しています。

モルガン・クリーク・デジタルCEOのアンソニー・ポンプリアーノ氏は「公的年金基金から資金を調達したブロックチェーン関連企業はこれまでない」とcoindeskのインタビューで述べています。

仮想通貨関連企業が機関投資家を取り込む動きは進んでおり、先日韓国大手仮想通貨取引所のBithumb(ビッサム)がOTC取引デスクを開設しました。

記事ソース:coindesk

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事