Ready Player MeがシリーズB「a16z」主導で5,600万ドル資金調達
   公開日 : 2022/08/24

Ready Player MeがシリーズB「a16z」主導で5,600万ドル資金調達

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

メタバースのアバタープロジェクトであるReady Player Meが「a16z」主導で5,600万ドルの資金調達を発表しました。

今回のラウンドでは、a16z GAMES FUND ONEのJon Laiとa16z cryptoの hris Dixonが共同で主導しています。またRoblox共同創業者兼CEO David Baszucki、Twitchの共同創業者 Justin Kan、Art Blocksの創設者 Erick Calderonなどが参加していると発表されています。

今回の資金調達で現在、51名のチームメンバーから規模を拡大する予定で、アバター作成機能などを充実させていくとのことです。

Ready Player Meは、自身の顔写真から3Dアバターが作成でき、VR Chatをはじめ様々なプラットフォームで活用できるサービスを展開しています。NFTのデジタルファッションを読み込む機能も付いており、幅広いメタバースサービスに介入をしています。

過去には、adidas、Dior、New Balance、Tommy Hilfigerなどのファッションブランドとコラボも行なっています。

今回の資金調達で、より安定的な運営と進化したサービスを期待したいです。ブロックチェーン使用の有無に関係なく様々なメタバースプロジェクトと提携をしているサービスなので、垣根を超えた活躍に注目です。

画像、記事ソース:Ready Player Me x Andreessen Horowitz: Announcing our $56M Series B

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事