Revolutがデジタルバンクのヨーロッパユーザー向けに新たに4つ暗号資産のサポートを開始
   公開日 : 2020/12/14

Revolutがデジタルバンクのヨーロッパユーザー向けに新たに4つ暗号資産のサポートを開始

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

イギリスに拠点を置くデジタル銀行のスタートアップRevolutが、ヨーロッパのユーザー向けてプラットフォームに4つの暗号資産を追加することを明らかにしました。

Revolutは12月10日のブログ記事で発表していた通り、EOS、OMG、XTZ (Tezos) 、ZRX (0x) のサポートを追加しました。Revolutは2017年に暗号の売買ができるようになり、同年にはbitcoin、ether、litecoinをサポートした。その後Stellar lumens、Bitcoin Cash、XRPのサポートを追加しました。

Paxosは米ドル連動型ステーブルコイン「Paxos Standard (PAX)」で知られていて、米証券取引委員会(SEC)からブロックチェーン技術を活用したセトルメントサービスの展開に対するノーアクションレターを取得しています

暗号資産と法定通過の両替ができるプラットフォームを提供するイギリスのRevolutは今年7月、米証券取引員会(SEC)から承認を受けているPaxosと協働しアメリカへの進出を目指しています

記事ソース:The Block

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事