Ripple / $XRP が新たな取引プラットフォームを画策中
   公開日 : 2020/03/30

Ripple / $XRP が新たな取引プラットフォームを画策中

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

Rippleが、自社の提供するクロスボーダー決済システムOn-Demand Liquidityに統合された新たな取引プラットフォームの開発を行う予定であると見られています。

このことは、RippleがODLの構築に協力し、Rippleの「より早く、より低価格な送金コストとスケーラビリティ」を活かすことのできるエンジニアリングマネージャーを募集していることから明らかになりました。

次世代の取引プラットフォームと題されたこの機構のエンジニアリングマネージャーは、サンフランシスコ本部にてコーディングやコードレビュー、そしてデザイン構築などを行うことになります。

なお、具体的にどのように取引プラットフォームをODLに組み込むかは明らかになっていません。

On-Demand Liquidityは、2018年にローンチされたXRPを利用したリップルの提供する即時決済システムです

(ripple.comより)

記事ソース:boards.greenhouse.io

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事