SBI VCトレード株式会社 2023年 年頭所感
   公開日 : 2023/01/01

SBI VCトレード株式会社 2023年 年頭所感

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

昨年の暗号資産マーケットは、米国を中心とした世界的な利上げ・金融引き締めや、ロシア・ウクライナ情勢の影響による下落からスタート、その後「ルナ/テラショック」と呼ばれるステーブルコインの崩壊をきっかけとした大手ヘッジファンドや暗号資産関連企業の硤綻や資金繰り悪化の影響を受けてさらに下落、年末にかけては世界大手の暗号資産交換業者が破綻するなど、一年を通してリスクオフの動きとなりました。その一方で、暗号資産を取り巻く環境はブロックチェーンを基盤とした”Web3”が急激に変化するなかで、NFTだけではなくメタバースやゲーミフィケーションなどに注目が集まり、着実に市場拡大が進む年でもありました。

当社においては、グループ内での合併に伴うサービス統合が完了したことに加え、レンディングサービスやステーキングサービスの開始、取扱い暗号資産の銘柄拡充など、お客様のニーズに沿うようサービス・商品ラインナップの拡充を行いました。
また、NFTマーケットとの橋渡し役となる「SBI Web3ウォレット」の提供開始を発表するなど、Web3ビジネスの新しいサービスも準備してまいりました。

当面、不透明なマーケット状況が続くとみられておりますが、本年も引き続き「暗号資産もSBI」のスローガンのもと、サービス・商品ラインナップの拡充、利便性の向上に努めるとともに、デジタルスペース時代の先駆者としてWeb3ビジネスも推進してまいります。
以上、皆さまのご多幸をお祈りいたしまして新年のご挨拶とさせていただきます。

令和5年元旦
SBI VCトレード株式会社 代表取締役専務 森本 逸史

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事