人気サッカー漫画「シュート!」が12月3日にNFTを発売
   公開日 : 2022/11/27

人気サッカー漫画「シュート!」が12月3日にNFTを発売

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

「シュート!」NFTを12月3日に発売

累計発行部数5000万部の人気サッカー漫画「シュート!」が12月3日にNFTを発売することがわかりました。

ミント詳細は、上記のツイートの通りAllow ListとPublic saleで分かれています。

  • Allow List:0.07ETH
    1st sale 9pm~ MAX2つまでミント可能
    2nd sale 9:30pm~ MAX2つまでミント可能
  • Public sale:0.08ETH
    10pm~ ミント上限なし

プロジェクト概要

週刊少年マガジンにて、1990年~2003年に連載されていたサッカー漫画の『シュート!』を題材に始動したコミュニティ共創型のプロジェクトです。新たなサッカー漫画やサッカーと音楽を融合したフェス等をコミュニティと共創していくとウェブサイトに記載してあります。

現在発表されているロードマップは以下になります。

PHASE01

  • 2,022個のNFT販売
  • 「サッカー好きか?」を合言葉にした初期コミュニティをDiscordにて形成

PHASE02

  • NFTホルダー限定、自身の写真が『シュート!』登場人物風になるNFTのFREE MINT

PHASE03

  • 「幻の左プロジェクト(サッカー界への寄付プロジェクト)」の展開
  • 大島司とのオンラインミートアップイベントを実施

PHASE04

  • 7777個の新たなNFTシリーズ販売(第1弾NFT購入者にはAirDrop)

PHASE05

  • サッカーと音楽を融合させた、新たなサッカー×音楽イベントを開催予定

PHASE06

  • 次なる展開へ。トークンの発行とDAO※への移行(トークンエコノミー構想の実現)を予定。
  • SHOOT!DAOメンバーとともにシナリオを構築、新たなサッカー漫画を創出予定

PHASE07

  • SHOOT!DAOにてサッカークラブチームを保有予定

– 引用元:シュート! NFT

岡崎慎司選手がアンバサダー

岡崎慎司選手は、2005年に清水エスパルスに入団し、2008年に日本代表(A代表)に選出され、その後2010年~2015年はドイツのブンデスリーガで活躍をしています。

2015年~2016年には、プレミアリーグのレスターシティFCでリーグ初優勝に貢献をしました。現在は、ベルギー1部のシント=トロイデンVVでプレイをしています。

ワールドカップには、2010年から2018年で3大会連続で出場をしています。2010年の南アフリカ大会で、初得点を上げています。

岡崎慎司選手は、オフザボールの動きでディフェンダーの裏へ飛び出しゴールをするのが特徴的なフォワードです。フォワードでありながら、守備時も運動量高く前線から守備をしチームに貢献をしています。

『シュート!』のNFTのプロジェクトでは、海外で活躍している現役選手がアンバサダーとして就任しています。

NFTの詳細

  • ブロックチェーン:イーサリアム
  • 規格:ERC-721
  • 発行数:2022個

最初に発行されるNFTは、基本的なイーサリアムの今までのNFTとデータ的には、変わりはなさそうです。販売場所は、ウェブサイトで行われるとホワイトペーパーに記載がありました。

詳細が気になる方は、ホワイトペーパーも併せてご覧ください。

『シュート!』ホワイトペーパー


免責事項

本記事は情報を伝えることが目的であり、投資等の勧誘、または推奨を目的としたものではありません。本記事により発生、誘発されたとされるいかなる損失についてもその理由やプロセスに関わらずCRYPTO TIMES、株式会社ロクブンノニ、筆者及び全ての関係者は一切その責任を負いません。暗号資産にはハッキングやその他リスクが伴いますので、ご自身で十分な調査を行った上でのご利用を推奨します。

記事ソース:シュート! NFT

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事