シンガポール金融管理局がJPモルガンとペイメントシステムの共同開発へ
   公開日 : 2019/11/12

シンガポール金融管理局がJPモルガンとペイメントシステムの共同開発へ

shimada

Takahiro

CryptoTimes リサーチャー| 数理的アプローチから暗号資産市場のリサーチをしています。特に現在では、仮想通貨界隈での話題を統計学で解明することやマイニング産業のリサーチをしています。 数理統計学を専門にすべく大学院進学の勉強中

シンガポール金融管理局(MAS)とJPモルガンが共同でブロックチェーンを応用した国際送金プロトコルを開発していることが、今月10日に明らかになりました。

同プロトコルはまだ実証段階ですが、実現されればひとつのネットワーク上で異なる通貨による一元的な支払いを可能にするようです。

国際送金のブロックチェーン応用で、コスト効率性が向上し新たなビジネス機会が生まれる可能性も秘めていると、MAS最高技術責任者のSopnendu Mohanty氏は期待を示しています。

記事ソース: JPMorgan and Singapore’s central bank develop a blockchain system for cross-border payments

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事