シンガポール最高裁が取引所Quoineに対し損害賠償の支払いを指示
   公開日 : 2020/02/27

シンガポール最高裁が取引所Quoineに対し損害賠償の支払いを指示

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

シンガポール最高裁判所が、暗号資産取引所であるQuoineに対して賠償金の支払いを言い渡しました。Quoineは2017年4月19日に行われた7件の取引において、契約違反をした疑いで裁判にかけられていました。

同社は「(私たちは)B2C2社が申請した約309ETHに及ぶ7件の販売のオーダーを、一方的にキャンセルする権利がある」と主張していました。

根拠としては、イーサリアムの買い手は、取引が市場価格で行われていると誤解しており、(実際には市場価格とはかけ離れた額での取引であったため)キャンセルを行ったとしています。

これを受け、最高裁判所は24日月曜日にQuoineの主張を却下し、B2C2へ損害賠償の支払いを言い渡しました。

今後、裁判の争点は損害賠償の支払い義務の有無から損害賠償の金額に移り変わると考えられます。

記事ソース:The Straits Times

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事