ブロックチェーンスマホのFinny(フィニー)が日本で販売開始!東京に店舗展開も予定
   公開日 : 2019/01/31

ブロックチェーンスマホのFinny(フィニー)が日本で販売開始!東京に店舗展開も予定

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

Sirin Labsが開発したブロックチェーンスマートフォン「Finny(フィニー)」が日本でも販売されることが発表されました。

最初の販売セッションは、1月30〜31日の二日間にかけて横浜で開催されている「ジャパンブロックチェーンカンファレンス2019」において行われるとされています。

スイスに拠点を置くSiren Labsが昨年末に発表したFinnyは、コールドウォレットの機能を備え、独自OS「SIRIN OS」を搭載したセキュリティ特化型のブロックチェーンスマートフォンです。

Sirin Labs創業者のモシェ・ホゲグ氏は、「Sirin Labsにとって日本は重要な市場の1つである」と述べており、日本国内の販売台数目標として「2019年度内で2万台」を掲げています。

同スマホは999ドル(約10万9000円)で販売されており、内蔵されたコールドウォレットを使用できる他にも、DAppsストアから分散型アプリをスマホ内にダウンロードして遊ぶこともできるようです。

直近の発売はジャパンブロックチェーンカンファレンス2019イベント内ですが、今年4月から6月を目処に東京での店舗販売やAmazonでの販売も予定しているようです。

記事ソース: Sirin Labs Japan
ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事