Sotheby’sのNFT専門オークション『Natively Digital』でCryptopunksが約13億円で落札
   公開日 : 2021/06/11

Sotheby’sのNFT専門オークション『Natively Digital』でCryptopunksが約13億円で落札

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

Sotheby’sのNFT専門オークション「Natively Digital」が終了しました。注目されていたCryptopunksの価格は日本円で約13億円(手数料込)という価格がつきました。

Christie’sのオークションでは、9つセットのCryptopunksが約18億円で落札されました。この時と比べると、今回は1体のCryptopunksで約13億円まで跳ね上がったので、このAlien Cryptopunkはとても希少であることが証明されました。マスクをしていたことも影響したことが予想できます。

今回オークションにかけられた、全28NFTで100万円を下回るものはありませんでした。1番低価格なNFTでも9,450USDという価格になりました。また日本人アーティストであるRYOJI IKEDAさんの作品は75,600USDという価格でした。

他の作品もこちらのページから、確認できますので気になる方はアクセスしてください。

Natively Digital: A Curated NFT Sale

Decentralandの方のギャラリーは先ほど確認したところ、まだ存在していましたので、仮想世界でもNatively Digitalの作品は見ることができます。是非、こちらの方もチェックしてください。

https://twitter.com/pranksyNFT/status/1402979228442824706

Sotheby’sのオークション開催中に外部から、Sotheby’sに出品されているCryptopunksに入札があったようです。

この問題がどうなったのかは不明ですが、既に発行済のNFTの場合はこのようなことも起こりえるので、現実のオークションで発行済のNFTを扱い場合は契約などの注意が必要です。

記事ソース:Natively Digital: A Curated NFT Sale

画像:shutterstock

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事