サザビーズ、NFTセール第3弾を発表。予想入札額1億円以上の作品も
   公開日 : 2022/04/13

サザビーズ、NFTセール第3弾を発表。予想入札額1億円以上の作品も

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

オークションハウスのサザビーズが、NFTキュレーションセールの第3弾『Natively Digital 1.3: Generative Art』を発表しました。

今回で第3回目となるNatively Digitalは、サムスンとのパートナーシップによって開催される展示会・セールで、サザビーズとロバート・アリス氏が共同キュレーションした作品が取り扱われます。

今回のセールでは、1960年台から今日までに注目されているアーティストの作品が取り上げられ、ジェネレーティブアートの歴史を辿ることがテーマとなっています。

ラインナップには、

  • Vera Molnar
  • Chuck Csuri
  • Roman Verostko

といった歴史的に重要とされる3人の先駆的デジタルアーティストの作品が登場。

上記アーティストによるアート以外にも、AIによって作成されたジェネレーティブアートや、コードによって作成されたアートも販売予定です。

Dmitri Cherniak氏の作品『The difference between the subtleties and the subtle ties』は、入札見積もり金額が100万 ~ 150万ドル(約1億2500万円 ~ 約1億9000万円)と本セール中、最高額での落札が予想されています。

イベントは4月19日AM1:00からオンラインオークション形式で行われます。

記事ソース:Sotheby’s

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事