韓国の大手仮想通貨取引所7つが政府のセキュリティに関する監査を通過したことが明らかになりました

現地の報道機関ZDNet Koreaが10日に報じました。

昨年9月〜12月にかけて韓国国内の21の仮想通貨取引所を対象として政府によるセキュリティに関する監査が行われました。

BithumbCoinoneKorbitなどを含む7つの取引所が監査を通過しましたが、残りの14の取引所は定められた適当なセキュリティ基準を満たすことができなかったということです。

最新の監査では85項目におよぶセキュリティ面の監査が行われましたが、監査を通過できなかった取引所では、平均して51の項目を満たすことができていませんでした。

先月、Bithumbはプラットフォームへのハッキングによって355,000ドル相当の資産を失ったとして起訴されていましたが、結果的に無罪を言い渡されています。

記事ソース:ZDNet Korea