カナダ企業が新世代チップとともにマイニング機器業界に参入か
   公開日 : 2018/08/17

カナダ企業が新世代チップとともにマイニング機器業界に参入か

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

カナダ発のスタートアップSquire Miningが今年中にマイニング機器業界に参入する計画であることがBitcoin.comの報道からわかりました。

同社は2000万ドルに及ぶ調達資金をもとに、ASICチップのデザインや開発を進めていると伝えられています。

ASICチップ業界のダークホースになりえるか

カナダに拠点を置くSquire Miningは、グローバルリソースやテック関連のプロジェクトを中心とした投資を行なっている企業です。

同社はプライベートな投資を募ることで2550万カナダドル(約21.6億円)を調達し、この資金をもとに仮想通貨業界への参入を検討しているとされています。

プレスリリースによると、同社は今回調達した資金を元手に次世代のASICチップとBTCマイニングリグを開発することを目指すとされています。

しかし、資金の一部は2世代目に当たるチップの製造やリサーチ、またマーケティングなどにも使われると報告されています。

SquireはASICチップのパイロットテスト用製品の製造を今年の第四四半期中に完了させたいとしています。

設計やシステムエンジニアリングの専門家であるPeter Kim氏によると、ASICチップは10nmのものになるようです。

SquireはPeter Kim氏とパートナーシップ合意を結んでおり、ジョイントベンチャーは韓国に拠点を置くことになるとされています。

kaz
マイニング機器業界の市場規模めちゃめちゃでかくなってるみたいですね

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事